星の無料相談・ケース151~200

 

156.以前職場で一緒に働いていた方と再びご縁はあるか(2020年2月15日)

(FN様40代男性)

初めまして

私はFNと申します

 

「特定人物との関係」を見ていただく

ことが占星術で可能とのこと。

ぜひ御鑑定をお願いいたします。

 

約5年ほど前に、同じ職場で働いていた

方がいます。

私がその職場を去ったことで、ご縁は

なくなりました。

その後、その方は出世し、今では組織の

中でトップに近い地位についています。

 

今年、私は、その方と何かご縁はある

でしょうか?

また、もしご縁がある場合は、

関わりの深さ(袖が触れ合う程度か、

もっと深い関わり方か)もお分かりに

なりますでしょうか?

(by みら)2020.02.17

FN様を示す惑星は、火星と月。

お相手を示す惑星は、金星。

 

火星は、金星の場所に置かれていますから、

FN様が相手に強い関心があることがわかります。

相手からも良い印象を持たれているのでしょう。

 

火星と金星は残り3度でコンタクトを取るので、

3ヶ月以内に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

 

お互いに良い思い出話に花が咲くこととおもいます。

 

その後、その縁を深めるかどうかはお二人次第です。

 

深い縁があるなら連絡を取る、無いなら取らない、

と予め準備してしまうのは

何だか運命や人生を物差しで測り過ぎかと思います。

そこまで星は答えもしません。

 

気になる⇒会いたい⇒連絡を取る、後は運に任せる、

これがパラドキシカルですが開運の秘訣です。 

(FN様40代男性)

ご丁寧な回答をいただきまして有難うございました。

だいぶ、お互いのポジションに開きが出てしまったため、

連絡するのは躊躇するところもありますが、

アドバイスを参考にさせていただきたいと存じます。

 

ご対応に御礼申し上げます。

 

155.現在壊れてしまっている夫婦関係、新しい形を創る日はくるか(2020年2月12日)

(TM様40代女性)

はじめまして。今朝がた珍しく目が覚め、偶然こちらのサイトに出会い、思い切ってご連絡させていただくことにしました。お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

現在壊れてしまっている夫婦関係、夫婦としてあたらしい形を創る日がくるか・・・について、伺いたいと思います。

夫とは、20xx年のx月のはじめに出会い、その際夫は結婚していましたので、紆余曲折を経て、20xx年 xx月xx日に正式に結婚しました。それからの彼は、職場が関西なのですが、わたしのひとり親(母)が80歳を超えていたこともあって、わたしの実家の近くに住んでくれて、そこから勤務先に通ってくれ、わたしの絵画の展覧会の搬出入を手伝ったり、家事も買い出しなど積極的に実家の分までしてくれたりと、とても献身的にサポートしてくれていました。 わたしは、申し訳ない気持ちをずっと感じながらも、いつもニコニコと接してくれて、作品作りを大事にしてほしいと言ってくれたりする彼の様子に安心して、むしろ作品作りを頑張ってしまい、そうしたバランスの悪い生活を続けてしまいました。

そんな生活の中でも、彼はいつも愛情表現をしてくれていたので、わたしはとても仲が良いと思っていました。 ただ20xx年は、わたしもなぜか仕事に負担を感じて、そして、母との関係もあまり良いものでなく、彼にこんなに負担をかけて、こちらに住んでもらっているのに、感謝もないと思って、母にも怒ってばかりいました。なぜか心も身体もしんどくて、なんだか気持ちがぱさぱさして、その中で必死で仕事や家事をこなして、彼にも愚痴ばかり言っていました。xx歳になるまで仕事を頑張ったら、仕事を大幅に削減して、彼との時間を増やしていきたいと思うようになってきました。そして20xx年x月xx日に、口論をきっかけに離婚を言い渡されました。

その後、x週間後には、彼は職場の女性と同棲をはじめ、最初は週2程度帰ってきていましたが、だんだん回数が少なくなり、20xx年xx月x日頃からほとんど戻らなくなり、xx月xx日に離婚届が置いてありました。

このような状態になったのも、すべては自分に原因があると思い、私が変化したら、何かよい状況になるのではと、いろんな気づきがあると思い、仕事のやり方を見直したり、運転をはじめ、なんでも自分でトライするようにしたり、母との関係も変えていきたいと思い、アトリエを実家からこちらに移したり、いろいろことを自分なりにしてきたつもりですが、状況は好転していないです。それでも、彼のことが好きで、どうしても彼のことを信じたいとおもってしまいます。

 

これまで、自分と向き合うことはしていましたが、彼に対しては、ほとんど待ちの姿勢で、メールや電話もあれからほとんどしていません。

(by みら)2020.02.13

TM様を示す惑星は、水星と月。

彼を示す惑星は、木星。

 

彼を示す木星は金星とコンジャンクションとなっていて、

彼のそばにいる女性を表しているようです。

ですが、金星は木星からセパレートになっています。

 

突然始まった同棲はそんなにうまくいかないのかもしれません。

 

金星は、木星の光を水星に運ぶ仲介役になっています。

TM様を示す水星と彼を示す木星は、

金星を仲介にしてコンタクトすることになります。

 

結論は、TMさんと彼はまた再び一緒になる可能性はある、と言うことになります。

 

ただ、お二人の間に愛情らしきものがあまり見えません。

 

お二人が今後本当にやり直すのに必要なのは、

お互いに愛情を育てると言うことかもしれません。

これには努力が必要でしょう。

 

特にTMさんは、過去のご自身の態度を振り返る必要があります。

感謝がないと母親に怒っていたようですが、

彼に対して感謝が無いのはTMさんであり、

精神的にやり場のない怒りを母親に怒って甘えていた様な状態であった

と自覚しなくてはなりません。

 

彼に対して申し訳ないと思うのでなく、

感謝を日々表していくのが大切です。

 

xx歳になったら仕事を減らして彼との時間を作ると言うのも

TMさんの一方的な気持ちの変化やタイミングであり、

彼との会話が見えません。

 

彼の気持ちや言い分は、自分はよくわかっている、察していると

勝手に思い込んでいるのではないでしょうか。

彼の気持ちを想像で思いはかろうとするのでなく、

もっと直接的な落ち着いた会話を通じて彼自身の言葉を引き出すよう努めてください。

 

自分が変われば状況が変わる、と言うのは精神世界では定説ですが、

自分が変われば相手を思う様に動かすことが出来る訳ではありません。

 

TMさん自身が変わろうとしているのは良いことですが、

根本的なところからずれてしまうことの無いように、

よく考える必要があるでしょう。

(TM様)2021.02.16

 

こんにちは。

この度は、お返事くださって、ほんとうにありがとうございます。

こんなに早く、そして丁寧にお返事いただけて、とてもうれしいです。

 

また改めて、ご連絡ご相談させていただくことを考えていますが、

取り急ぎ、お礼のお返事と感想を申し上げたくて、ご連絡申しあげました。

 

ご指摘いただいたことは、とても腑に落ちました。

感謝がなくなってしまっていたのは、母でなく、私です。

すべては、そこに原因があったと思っています。

そして、ほんとうの意味で、彼とちゃんと向き合っていなかったと痛感しています。

一緒にいるのに、なぜなのか、わたしはこの人が大切だから、ちゃんと結婚したいと、うまくいっていたと思われていたときにも感じていたのですから・・・そして、母には、わたしの代わりにお礼を言ってもらおうと、当時を振り返ると駄々をこねてわがままを言っていただけのように感じています。

 

自分が、変わろうとしていることも、xx歳になったら仕事を減らして彼との時間を作ると言うのも、すべて独りよがりで、

彼にも自己満足なんだと言われたことを思い出しました。

 

> 自分が変われば状況が変わる、と言うのは精神世界では定説ですが、

> 自分が変われば相手を思う様に動かすことが出来る訳ではありません。

→どこかで、相手の変化を望むために、それありきで、自分自身を変えようと思っていたのですから、既にもういろりろなやり方がずれてしまって、間違っていたのだと気づかせていただきました。

 

> 彼の気持ちや言い分は、自分はよくわかっている、察していると

> 勝手に思い込んでいるのではないでしょうか。

> 彼の気持ちを想像で思いはかろうとするのでなく、

> もっと直接的な落ち着いた会話を通じて彼自身の言葉を引き出すよう努めてください。

→わたしは、きっとなにも向き合っていなかったのだと思います。 もしもこの先に、二人で話し合えるような機会に恵まれたなら、ちゃんと会話をしたいです。彼の話が聞けるようにこころを向けたいと思います。

一緒にいるころ、彼から、自分の言葉がわたしには届かないと、冗談ぽく言われましたが、今思うと彼の精一杯の表現だったのかと思います。わたしはもともとどこか、彼以外のことでも、相手の気持ちを察した気持ちになって、終わってしまうところがあり、このコミュニケーションの取り方も、どちらかというととても苦手で、今後の課題なのかと思いました。

 

みらさんにご相談させていただく前に、他の方々の相談内容にも少し目を通させていただいていたので、ある程度予感はしていましたが、あまりにも鋭いご指摘だったので、気持ちにぐさりと刺さる部分はありましたが、その分多くの気づきをいただけて、お願いしてほんとうによかったと思っています。

 

今回元々有料も検討していたので、あらためて、ご相談させていただくこと、検討してみようと思います。

その節は、お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

この度は、ほんとうにありがとうございます。

 

154.この先にどんな悪いこと(や良いこと)があるのか(2020年1月26日)

(OY様40代女性)

生まれてこのかたいいことはほとんどなく

幼少期は特に悪いことばかりでした。

この先にどんな悪いこと(や良いこと)があるのか知りたいです。

よろしくお願い致します。

(by みら)2020.01.04

OY様を示す惑星は、水星と月。

 

月は蟹座置かれて安泰、水星もトリプリシティを獲得しています。

置かれているハウスも良いハウスです。

OY様の現在の状況、実はそんなに悪くありません。

それどころか割と良い状態にあります。

 

それなのに不満がわいてくるのは、

過去にこだわり過ぎているか、

本当は得ていることに目を向けていないのか、

外から与えられる大きなものに期待をし過ぎているか、

外から与えられた期待を自分の欲求だと思い込んで間違った努力しているか

そういうことになるかもしれません。

 

もしくは本当はしたいことがあるのに、自分で抑圧しているのかもしれません。

 

自分自身を振り返る必要があるでしょう。

 

無料相談でお答えできる範囲は以上です。

 

星の無料相談では具体的なお悩み(人間関係やお金など)の無いまま、

「どんな風になるか」と言うことについてはお答えいたしませんのでご了承ください。

 

もし、ご自身のことをじっくり見つめたい場合は、

有料サービスをお申込みください。

(OY様)2021.01.31

無料でのご鑑定ありがとうございます、OYです。

 

まずは自分自身を見つめてみたいと思います。

大変じゃないのか、やりたいことがあるのか...

 

またなにか感想が出てきましたら、

報告にあがりたいと思います。

取り急ぎお礼まで。

 

153.元カノと復縁出来るか(2020年12月16日)

(KK様40代女性)

KKと申します。

偶然、占星術について検索している中で、先生のサイトに巡り合いました。

 

私は、それなりに長くお付き合いしていた女性がいましたが、今年の6月に別れました。

復縁を期待することは難しいでしょうか?

 

今更ながら、後悔の日々です。

(by みら)2020.01.04

KK様を示す惑星は、土星と月。

元彼女を示す惑星は、太陽。

 

土星は、

太陽をタームとフェイスでレシーブしていること、

お二人の恋愛感情を示す火星の高揚する位置にあること、

これらから、KK様はご相談いただいた当時は

元彼女のことへの強い未練があったことがわかります。

 

ただ、KK様を示す土星はサインを変える直前。

山羊座29度に置かれていて、年末に水瓶座0度に移りました。

サインが変わると言うことは、状況も気持ちも変化することを示します。

同時に恋愛感情を示す火星が高揚する位置からも抜けることになるので、

元彼女に対して感じていた恋愛感情も薄れるでしょう。

 

更にお相手を示す太陽も移動することにより、

太陽への土星からのレシーブも外れていくことになります。

これは、KK様から元彼女への愛情が薄れるということになります。

 

今現在はもうそれほど後悔の気持ちは薄れているのではないでしょうか。

 

また、元彼女からもKK様への未練はありません。

 

お二人を示す惑星がアスペクトすることもなく、復縁する様子も見えません。

 

元彼女は友人のハウスである11ハウスに置かれているので、

今後会っても良い友人同士ということになるでしょう。

 

新しい年も明けたことですし、新しい出会いと恋へを気持ちを切り替えましょう。

 

152.仕事に対する自信は持つことが出来るか(2020年11月22日)

(HK様40代女性)

はじめまして、よろしくお願いいたします。

仕事面で自信が持てません。今は自営業の夫の会社の役員で名前はありますが、実際的には会社での仕事は夫と話しをするくらいです。

主婦がメインです。仕事=収入を得る、社会で人の役に立つ と言う自分のイメージすることができない自分はこれでいいのか、主婦だけしてていいのかと自問自答を繰り返してしまいます。

どのようにしたら仕事に対する自信を持つことができますでしょうか。

(by みら)2020.11.26

HK様を示す惑星は、水星と月。

月は10ハウスにあり、仕事の場所に置かれています。

HK様が仕事のことを強く気にしていることがわかります。

月は彷徨っていて、自分の居場所をうまく掴めていない状態です。

 

ご相談いただいている様に、仕事を気にしているけど、自信が持てない状態なのがわかります。

 

月はボイドでもあります。

ボイドは現状維持が続くことを示しています。

このまま自然な変化を待っていても、何も起こらないでしょう。

 

ご主人は、木星で示されています。

木星は月を強くレシーブしていますから、ご主人は今がベストと思っている様です。

 

> どのようにしたら仕事に対する自信を持つことができますでしょうか。

星の無料相談では、「どう」に対してのお答えは出来ません。

人生の生き方、心理的なテーマが深く関わってくるので、有料のサービスとなります。

 

まずは、HK様自身どうしたいのか?、と言うのをよく考えてみてはいかがでしょうか?

 

それが出てない、もしくはものすごい罪悪感や恐れが出てきてしまう場合、

幼少期の心理的なショック体験、育った環境、人間関係などが起因しているかもしれません。

それらを読み解きつつアドバイスさせていただく

「バースデーチャート・メールリーディング」をお申込みください。 

(HK様)2020.11.26

この度は、相談に乗っていただきありがとうございました。

また、占術をよく理解しないまま相談してしまい、失礼しました。

 

質問をした後から、いろいろなことがあり、「仕事」をしていないと人として存在価値がないような幼少期からの思いと向き合いました。

母と祖母の仲がわるく、仕事を通した社会的立ち位置やお金で張り合ったり、家庭で言うと料理や躾で張り合ったり。

顔は笑っていても誰も愛し合っておらず、不安でした。

よくわからないことが多かったです。

 

なぜわからなかったのかが、今はわかります。

自分の考えと違う、ただそれだけなのに、その通りにやらないと平和に生きれなかったこと。

 

主人と出会い、主人も今の形がいいといつも言ってくれ、無理するな、休めと常に言ってくれ、そのために実行してくれます。

わたしは今まで教わってきたような考えに基く、「誰かに勝つため、有利であるため、上に立つための仕事」はしたくありません。

平等であるために、生きたいです。

 

仕事=お金、と言う考えじゃないところで生きたいです。

 

まだ揺らぎますが、今の世界で言われる仕事はしたくない。

その方向に向かって進もうと思いました。

 

より、感動的な、エモいところへ。

 

この度は、わたしと向き合ってくださりありがとうございました。

 

みら様の対応に心が緩んで長々と語っていました。

 

ありがとうございました。

 

みら様に感謝致します。

 

151.関東圏で結婚のご縁はあるか(2020年10月13日)

(ノアテト様30代女性)

はじめまして。最近、占星術に興味を持ちはじめこちらのブログに辿りつきました。

無料相談をされているとのことで厚かましいですが占っていただけたら嬉しく思います。

わたしは千葉県生まれ千葉育ちですが、この6年ほど京都で一人暮らしをしていました。自立したい、冒険したい気持ちが大きかったと思います。

一昨年、京都で婚活をしていましたが失恋し、やはり親類のいる関東圏で伴侶を見つけたいという気持ちもあり、2ヶ月ほど前に、実家に帰ってきました。

失恋をきっかけに、起業準備を始め、今もその準備の最中です。もう好きなことを仕事にして生きよう、と決めました。

ですが、やはり結婚や子育てもしたいです。なぜか関西に縁を感じて運命の人は関西にいると思い込んでいたのですが、この先、わたしは関東圏で結婚のご縁はあるでしょうか?あるとしたら、いつ頃でしょうか?

失恋の痛手からやっと回復しつつありますが、なかなか恋愛に前向きになれず、何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。もともと恋愛が苦手なのは、土星が5ハウスにあるからなんだ、などと素人ながらに、納得したりしています。

(by みら)2020.10.25

ノアテト様を示す惑星は、太陽と月。

結婚相手の候補となる惑星は、土星と水星。

 

これらにコンタクトがあれば、結婚の縁があることになります。

 

太陽は土星に近付いていますが、直前で火星によって妨害されます。

妨害してくる火星に対して、太陽は強いレシーブを持っています。

真面目で結婚相手に良さそうな人が現れたとしても、ちょっと危険な魅力を持つ人や、危険な恋に惹かれてしまうのかもしれません。

 

火星は太陽に関心が無く、しかもオポジションで形成されています。

危ない恋愛は実らないか、実ったとしても後悔の元になると言う暗示ですので、気を付けましょう。

 

月は水星にセクスタイルでコンタクトします。

こちらは有力な候補になるかもしれませんが、問題もありそうです。

それは、ノアテト様が相手のことを気に入らない可能性があります。

水星は逆行前の留で示されているので、時期が読めません。

また、水星はすぐに逆行になることから、この相手は信頼できる人なのかどうかちょっと疑問があります。

 

相手候補の惑星とのコンタクトが、両方とも決め手に欠けています。この質問自体が整合性があるかどうか調べてみると、どうもこの質問自体に整合性が無いと示されています。

 

ノアテト様は、今は結婚を考えるよりも別のことをするべきなのか、前回の失恋での傷をもう少し癒す為の時間が必要なのではないでしょうか。

 

と言うのは、太陽はフォールで示されていて、文字通り落ちている状態と言えます。

置かれているハウスも積極性に欠ける場所です。

今はご自身の生き方となる考え方を見つめる時期にあるのかもしれません。

 

また、星の無料相談では出生チャートは見ませんが、5ハウスに土星があっただけでは恋愛が苦手とはならず、もっと他の要素が絡み合ってくることが多いです。それに恋愛と結婚の読み方は別となります。

 

ご興味あれば、是非バースデーチャートリーディングをお申込みください。

(ノアテト様)2020.10.31

星の無料相談のお返事ありがとうございます。おっしゃるように今は結婚や恋愛について前向きに考えられるような精神状態ではなく、自分の内面世界を見つめ直したい気持ちが強かったので、そういう星周りなのだと知れてとてもありがたいです。

 

以前、強く惹かれた彼は火星だったんだ、とわかりました。わたしは真面目な人より、女性に慣れているような人に惹かれてしまう傾向があり辛い思いをしましたが、それが実らなくて良かった、と今は思います。

 

結婚や恋愛よりも自分の世界観を極める方にエネルギーを注ぎたいと思います。本当にありがとうございます。時期がきましたらバースデーチャートリーディングや対面セッション等お願いしたいな、と思っています。