【星達のお茶タイム】ドラゴンヘッドのおはなし

 こんにちは、みらです。

このメルマガでは占星術のいろんな話をしていきたいなと思いつつ、テーマを何にしようかすごく迷うところであります。

太陽星座はよくご存知ですよね。

では、月星座はご存知でしょうか?

占星術では、太陽と同じくらいに大切なのは月星座と言うことになります。

この月星座は2日半くらいで次の星座に移動してしまうため、コンピュータ計算を行ってくれるソフトを使う、もしくはインターネットなどで無料にホロスコープを計算してくれるサイトでなければ、きちんと算出することは難しいので、占星術に興味がある方でなければ、自分の月星座を知らない方がほとんどだと思います。

ならば、月の星座について書いて行こうかなあと思いましたが、「それじゃあ、ありきたりで面白くないじゃん」と言う内なる声。。。(笑)

どうしようかな、、、と思っていたら、「そうか、ドラゴンヘッドのことを書こうかな」とインスピレーション!

考えてみれば、ドラゴンヘッドは「見かけ上の太陽の通り道と月の通り道の交差点にあたる所のサイン」と言うことになり(専門的な説明は少し物理の話にもなるので難しいのですが)、要は太陽と月の合わさる場所なので、その人が精神的に成長の為に向かう道とも言われます。

また、ドラゴンヘッドの真反対側はドラゴンテイルと呼ばれるのですが、このドラゴンテイルは前世のテーマを表していると言われます。

その人にとって、とっても得意で慣れ親しんだ過去の慣習と言うことになり、本当はドラゴンヘッド(頭の方ね)の方向へ行かなければならないのですが、ドラゴンテイル(尻尾の方ね)のやり方をやってしまいがちになる。

そして、ドラゴンテイルのやり方で物事を進めようとすると、大抵うまく行かなくなり、一生懸命やっているのに失敗ばかり、周囲の人は離れて行く、思うように行かない、など苦~い体験します。

それはドラゴンヘッドの方向へ行かせるために、そのようになっているとか書かれている本もあります。

そういうのを読むと、私なんか「え?誰が?何のために?」とか思ってしまうのですが、本当のところはわかりません。

成長の為とか、カルマ克服とか、いろいろありますが、シンプルなのは宇宙は「動いて変化しなければならない」と言う基本的な大前提の約束事と一緒にスタートしたんではないかな、と言うことです。

そして、個人個人でそれを少しずつ受け持っているのだろう、それがここ(地球)にいる約束だったのかもしれない、と言うことが、今のところ私の中で腑に落ちていることです。

まあ、そんなよもやま話はたくさん持っているので、ちょいちょいとメルマガで出して行きますが、今は一度話を元に戻しますと、ドラゴンテイルのやり方をやるとその性質の嫌な部分を見せるようになってしまい、ドラゴンヘッドをやるとその表現の仕方が割と幼くても物事がスムーズに行きやすい感じがする、、、と言うような印象を確かに受けます。

ドラゴンヘッドをやるのは人生をかけてやっていくテーマですので、何かの度にドラゴンヘッドのテーマに舞い戻ります。

もう私はドラゴンヘッドの問題をクリアした、と言うことは無く、一生もんのことのようです。

ドラゴンヘッドのテーマに着手するのはその人にとって未知の部分になるので、人によっては、ドラゴンヘッドのテーマを聞くことが苦手だったり、耳が痛いと言う感じがしたり、それ違うんじゃないの?なんていう反応をしたりします。(←あ"~、よ~くわかるが・笑)

ですが、失敗の原因は明らかにドラゴンテイルに留まろうとしていることだったりします。

それほどドラゴンテイルと言うのは、心情的に戻って行きたくなるポイントなのかもしれません。

私も「何だか人生と言うものに絡め取られてしまって身動きできない」と言う感覚に陥っていた時に、ドラゴンヘッドのテーマはとても難しく感じ、そしてドラゴンテイルのテーマはとてもやり易い反面、あまりにその嫌気さや失敗の仕方がピッタリだったので「う~、聞きたくないなあ」とか思ってしまいました(笑)



さて、このドラゴンテイルとドラゴンヘッドは、前世、カルマなどと説明される場合が多いのですが、最近では心理的なテーマとしても見る場合があります。

割と浸透してきているのは、ドラゴンヘッドの示すことは、「母親問題として見ることが出来る」と言うことです。

ドラゴンヘッドの近くに天体があったり、他の天体とアスペクトしていると、その天体も苦手意識と捉えてしまうようです。

例えば、ドラゴンヘッドの近くに火星があると、いつも怒ってばかりの母親に行動権を握られてしまう、と言う様なことになります。

そして、様々な怒りについて対峙させられるようなことを人生で経験したりして、行動と主張することの意味を知るまでそういう場面に何度も出くわします。

ドラゴンヘッドの近くに月があると、母親が自分の欲求を牛耳ってしまい、母親自身の欲求であるのに「あなたの欲求だから」と言うようなことを言ってくる、と言う様なことになります。

そして、だからこそ自分の欲求を感じさせるような経験をしたりして、自分の真の欲求に気付くまで、自己欲求と抑圧との戦いになるようなことが何度も起きます。

母親が悪者になってしまいがちですが、最近では、子供に対する人格形成は母親に任されてしまっている社会システムの為、母親が子供にテーマを見せることになる、と言うことは自然な流れなのかもしれません。

母親が自分自身の欲求を生き、自己欲求を自分でどうにかしようとしている場合、健全な形で子供働くこともあります。

ですが、その形が嫌な感じを見せつけるようになるか、憧れのような感じで行先を照らす光のようなものになるか、チャートや環境により人それぞれとなるでしょう。

そして、母親がどういう形でそれを見せていようが、やはりドラゴンヘッドのテーマに向かうには、いろんな抵抗感が出てくると言うことも同じようです。

それでも、結局はいつかは母親を乗り越えて行く時にはドラゴンヘッドテーマに向き合うことになります。

まるでチャートで人生が決まっているような気になってしまいますが、それですと頭だけの理解で終わってしまうでしょう。

チャートでは確かにいろんなことを読み取れますし、自分のチャートを変えることが出来ないので、ある意味では決まっていると言うことが言えます。

ですが、じゃあ何をやっても無駄なのか、と言うとそうでは無いと言うことははっきりとしていて、命を吹き込んで行くのは一人一人がすることです。

どんな問題も、最終的にはどうしていくか、どうやっていくか、と言う実際問題に落ちた時に、人は対処できる感動に出会えるようになっているとも言えるのかもしれません。

時に宇宙とか神様が意地悪に感じることもあるんですが、それは知らないことがまだいっぱいあると言うことなんだと思うと、この世界の様々なことに感動する場があると言えます。


ドラゴンヘッドには、前世問題からの克服方法、母親問題などありますが、結局は精神的に目指すテーマの一つであることは同じです。

前世問題は、一番身近な母親が見せてくれるとも言えるのかもしれませんね。

と言うことで、これだけドラゴンヘッド、ドラゴンテイルと言うことを聞くと、各サイン毎でどんなテーマを抱えているか知りたくなりますね♪

次回は、ドラゴンヘッドを各サイン別に見て行きたいと思います。

ご自分のドラゴンヘッド、ドラゴンテイルを知りたい方は、「MyAstroChart」さんのサイトで見ることが出来ます。
http://www.m-ac.com/index_j.html
※「シングルチャート」を選んで、必要情報を入力してください。「ハウス」は「プラシーダスハウス」にしておくと良いでしょう。

また、私のメールリーディングを受けられた方は最後の方のページにドラゴンヘッドのサインを記載していますので、そちらを参照してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

--
★お知らせ-4月のワークショップご案内
◆ 牡羊座新月パワフルワークショップ ◆
4月10日 (水) 18:30~20:30


◆ 金星牡牛座入り☆お金を好きになるワークショップ ◆
4月15日 (月) 18:15~20:30 

詳細はこちらで。
http://ameblo.jp/yukiyukineko/entry-11493492642.html

お申し込みはこちら。
http://www.energy-astrology.net/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89/

★メルマガの出典を明記して頂ければ、転送、またはご自分のブログなどに転載して頂いても結構です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

HP:星と繋がる★心理占星術
http://www.energy-astrology.net/?nid=472774

fbページ:星なり色
http://www.facebook.com/milla.mizuki

Blog:ユキユキ猫の気の向くままに
http://ameblo.jp/yukiyukineko/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★