ソウルプランリーディング学んできました

この間の土日は、ソウルプランリーディングと言うのを学んできました。

簡単に言うと、誕生時の名前のバイブレーションで、魂の計画を読み解くと言うものです。

通常は、名前占いをやることには、あまり惹かれないのですが、今回だけは別。

まず、ロンドンのカウンセリング養成コースの時の、校長のブルー先生(ブルー・マースデン先生)が来日して教えてくれることと、

内容がカバラ、古代ヘブライ・ゲマトリア、セーフィル・イェツィーラーを元にしているとのことで、

私の血のどこかがわさわさーと動き、申し込みに飛びついてしまいました(笑)

まだ、受講期間ですが、内容はとても面白いです。

それなのに、正直、初日は内容については疑いを持っていました(笑)

まあ、タロット読むのに深みが出ればいいや、カバラについても知識が深まって、ブルーにも会えるし、、、くらいに思ってました^^;

そんな疑いを持ったまま、テキストを開いて自分のとこ読むと「スピリチュアルに疑い深い」とか書かれているし、、、(笑)

おもわず、うわっ、と思いました。

私にとって、そのことこそチャレンジなのでした。

自分のスピリチュアリティを受け入れること、それがいろんな統合へ繋がること、そして狂信や盲信を避けることなどなど。

なーるーほーどー、なっとく。

ソウルプランリーディングを教えてくれるブルー先生の、倫理観とかエネルギー的なことに関する考え方とか接し方とかも、とても共感できるものでした。

ソウルプランリーディングはエネルギーリーディングでもあるので、プラクティショナーの心構えとしてやるエネルギーの体操とかやったりもしました。

これはロンドンのカウンセリング養成コースでもやるんだけどね。

普通にやったら怪しい人になるので、ひっそりした公園とかでひっそりとやります(笑)

ソウルプランリーディングは、占星術をやっていると、リーディングのサポートになってくれるでしょう、とも言っていたので、私としてもリーディングに深みを出せると思い嬉しい。

このソウルプランリーディングは、名前は自分が生まれるときに自分で決めてきた、と言うことが前提です。

自分の名前を自分で決めてきたと言う考えを、受け入れていようが受け入れていまいが、リーディングは面白いと思います。

8月になったらモニター募集しますよー。

え?なんでそんな先?

えへへ、実は7月にDr.本間のキネシオロジーを学んできますので、7月はしばらくお休みさせていただくのです。

学んでも学んでもキリが無いのはわかってるけどね、私にとっては全部占星術でのリーディングを深める為、と言う深い意味があるのさ(←と言うことにしておく!)

で、自分がこんなにもいろいろ興味あっていろいろ学び癖があることは、占星術で見るとわかるんだけど、

今回のソウルプランリーディングでも、いろんなことを学んで知識を蓄えろ的(←いや、もっと素敵な言葉で素敵な意味があるんだけどね)なことがあり、

そりゃあ、仕方ないよねえ、こんだけ勉強好きなのはさっ!

と気が済むまで学びに邁進しようと思えたのでした(笑)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。