2013年7月 星の風便り

2013年も半分終わりましたね。

時があっという間に過ぎ去るので、あれもしなきゃこれもしなきゃと思いがちなんですが、そういうときにあえてゆっくり進んでみるのが良いようです。

急いでいろんな経験をするのもいいんですが、これまでの人生を振り返って、もしかしてゆっくり味わうような人生を送ってきていないのであれば、味わいの無いいろんな経験よりも、濃密に味わってみることを選んでもいいかもしれません。

でも、濃密さを味わうには、もっといろんなことに手を出さないと味わえないと思い、どんどん予定を増やしたり、忙しくするのですが、自然の仕組み上、そうするとさらに味わいの無い経験を増やすようなことがあります。

ゆっくりやる経験が無かったので、ゆっくりした濃密な時が人生を充実させてくれることを知らないまま、あたかもその忙しいのが人生を充実させる唯一の道と考えてしまうと、そのドツボにハマってしまいます。

忙しい人生から、濃密な人生に変えるときは、最初は狭苦しくて窮屈に感じるような道をどうしても通らなければならないのですが、そこを通り抜けると、そこで静寂さやゆとりを知り、奥深さをしることができるのです。

、、が、狭い道や窮屈が苦手で、すぐに大通りの広い道をそこに作ってしまうのが、味わいや奥深さを知らない人間のすることかもしれません。

あの藪の道を通り抜けると、自然に出来上がったぽかんとした空間があり、日当たりも良く、風通しもよく、小鳥も集まり、浄化された場所だったのが、周囲に道路が出来たら、途端にそういう場所で無くなった、、、と言うことは、近代化が進む田舎の人たちが良く経験することですが、心の場合も同じかもしれません。

この辺りの感性は、牡牛座や蠍座の感性かもしれません。

土星の蠍座滞在は、反対側の牡牛座の性質にもフォーカスしたいところです。


7月8日 蟹座で新月です 土星の逆行終了です
割とバタバタといろいろなタイミングが合うような新月ですね。
土星が逆行終了なので、冒頭のようなことを書きたくなったのかもしれないです。
あるサインは必ず反対側のサインにも関係していて、時にそちらのサインを見る方がわかりやすい理解や情報を得ることがあります。

蠍座土星滞在は、蠍座-牡牛座ラインに結構影響を与えていますので、蠍座土星入りとともに牡牛座の方も土星の影響を強く受けていることがあるでしょう。

牡牛座の方の場合、自分の太陽の真向いに土星がいるので、誰かによって鍛えられる経験をしているかもしれないし、自分の意思を貫こうとすると必ず反対する者が現れて、自分の意思が宇宙に歓迎されていないんだ、とか思ってしまっているかもしれません。

こういうときちゃんと自分を見つめれれる立ち位置をどこかに確保していると、どういうタイプの人に権威(土星)を預けてしまっているのかを見ることができます。

で、そこをちゃんと見れば、誰かが反対している怒りや冷たさに反応することなく、誰かの反対している理由の方へフォーカス出来るような強さを養っていくと捉えることができるのですが、、、

とは言え、怒りに反応してその意思(太陽)を諦めてしまうのであれば、意思(太陽)が育っていないので、無理しない方がいいとも言えます。

権威に対抗する力より、自分の枠をしっかり作り、現実感のある範囲を見極めるよう調整していく方が健全なこともあります。

土星にきちんと向かい合うには、それなりの準備必要です。

そういう意味で、牡牛座さんもいろいろと試されているような感覚になっていることでしょう。

新月の話に戻りますが、今回の新月は、2-8ハウスが利いているので、こういう土星や蠍の話もとても関連づいていますね。

新月の時は、古い価値観の中に新しい価値観を見出すような感覚があります。

誰かの持っている価値観、それも本人が気づいていない価値観を、相手が身を持って体験するような感じです。

あまりさらりとした新月では無く、すごく重量感のある新月な感じです。

通常新月は何かを始めるのに適していますが、この新月は、終わりから始まると言うことが、テーマに根付いていそうですね。

さて、もうひとつ、ちょうどこの日、金星は天王星とぴったり120度なので、ハンカチ落として拾ってくれた人と恋に落ちるような古典的な(?)ドラマのような出会いもあるかもしれません(笑)
それも失恋したばっかりなのに、と言うシチュエーションかもしれませんね。


7月13日 火星が蟹座に入ります
火星が蟹座に入ると、水エレメントが優勢になってきます。
木星、土星、海王星のグランドトラインも出来てきます。
理想を掲げ、ビジョンを手に入れ、現実化するのにとてもふさわしい感じですね。
火星が蟹座に入るので、とてもエネルギッシュに行動できそうです。
感情と言うのは、そもそもエネルギーなので、そのエネルギーをうまく利用してくださいね。

大きな波がやってくるのですが、その波を超えるだけの技量と裁量が必要かもしれません。
その波を乗りこなせるだけの力が無いのに、波の乗ることは、波に翻弄されて、岸までもてあそばれるように運ばれしまいます。
岸辺が安全ならいいのですが、そこに大きな岩などがあると大けがにもなりえますので、自分の力量と環境を見極めてくださいね。

大きな波と言うのは、人々の期待や思いなどかもしれませんし、グループで結束した人々の力のようなものです。

このグランドトラインは、とても社会的に働いてきますので、その後の維持、責任、行動などもしっかりと持続できるタフさが必要なので、何でもかんでも流れに乗って成果を上げたらラッキーってもんでもないかもしれません。

とは言え、このグランドトラインと、火星の蟹座入りはとても強烈なので、流れに乗るなと言うのが無理かもしれませんが。

蟹座の先の方を運行している太陽の、意思の強さと幅と許容度によるところが大きいでしょう。

あまりに冷たく意地でやり抜く意思ではうまくいかないでしょう

水の流れは方向性が無い場合、周囲のめちゃくちゃな破壊になり得ますので、感情的な暴走にも注意が必要かもしれません。

また、この時期はシステム的に抑圧されていた人々の感情が、自然を通して働きかける、もしくは人以外の生命たちの思いが自然を通して働きかけることもありそうです。
水辺での遊びには、川の増水、急な天候の崩れ、大波、、、そういったことにはくれぐれも注意なさってください。


7月21日 水星の逆行終了です
蟹座の火星・木星
蠍座の土星
魚座の海王星
このグランドトラインの真っ只中です。
先ほども水のグランドトラインについて書きましたが、この日がメインかもしれません。

少しオーブは緩いですが、山羊座の月と冥王星まで入れると、カイトの形。

花火大会で言うなら、フィナーレですね。

感動の嵐

山羊座月が、何らかのトリガーになりそうです。

何か、めちゃくちゃ感極まっている、と言う感じでもあります。

実際花火大会の時期でもありますね。

何か、心と心を繋ぐような経験が、そこらかしこでなされていそうです。


7月22日 金星が乙女座に入ります
金星が乙女座に入ると、木星・土星・海王星のグランドトラインに対して、カイトを作るような形になります。
愛情関係についてとても素敵なことがありそうです。
乙女座金星入りは、普段恋愛が苦手な方や奥手な方向きに良い変化をくれそうです。
どんなに苦手でも、この時期はこれ以上ないくらいに、恋愛が苦手な人向けに宇宙が頑張ってくれていると思って、恋愛が苦手な人もちょいと勇気を出すと良いでしょう。
そうしたときに、ご縁の釣り合いが取れる、そんな感じです。


7月23日 水瓶座で満月です 太陽が獅子座に入ります
月も太陽も0度、そして満月。
なんか、きりっとぱきっと(←どんな?)、はっきりした満月ですね。
0度と言うのは、一番そのサインらしさが出るところです。
もっとも水瓶座らしい月、もっとも獅子座らしい太陽。

そして、満月と言う形で月のパワーがパワフル、そして太陽が獅子座入りしたことで太陽パワーもパワフル。
とってもそれぞれのエネルギーが強いのです。

小さい島かと思って上陸したら、もっと大きなクジラだった、
と言うお話がありますが、
そのくらいびっくりするような意識の拡大があるかもしれません。

眠っていた潜在意識が、水面下に顔を出し、過小評価していたことがもっと適切なきちんとした評価を与えて行くべきだと気づくときかもしれません。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。