幸せってなんだろうなあ

幸せ、って何だろうなあ。

 

人によって何が幸せかは違う、と言うこともあるかもしれないけど、

 

もしかしたらどっかは一緒かもしれないね

 

日々の日常の中でのことに幸せはあるのかもしれないけど、

 

だいたい渦中にいるときは、それを幸せだと思ってないし、

 

でも、何かのふとした、しーんとした瞬間に、あれらこれらがすべて幸せだったな、と。

 

この視点をずっと保っていたら、もしかしたら、日々の日常のわらわらとしたことに

 

捉われないかもしれないけど

 

その渦中に本気になれたり、集中したりすること、問題にどっぷりはまってこそ見える視点、

 

そこからこそ様々に生み出されること、なりきると言う経験、とかいろいろ

 

自分の人生のドラマに降りてきて、それを演るということ、参加するということ

 

本当に大切な気がする。

 

 

ああ、全部が幸せだったなあ、ありのままだったなあ、、、と言う視点が、たまにやってくるけど

 

ここにもそんなにずっと長居する必要が無かったりする

 

それは、そうしようと思ったり考えた瞬間から、とっても嘘くさくなるからだ

 

そして、表現が嘘くさくなり、人生も嘘くさくなる気がする

 

きっとそこに居ようとする動機に

 

「日常のあれやこれやに捉われない自分でいたい」とか

 

「人間関係に煩わされない人生を送りたい」とか

 

そんな感じの思いを、どどど~ん、無意識的にくっ付けてしまい、

 

そのことに気付かないまま、その静けさに留まろうとするので、

 

だんだん、「全てがありのままなんです!」と言う強い感じになり、とっても嘘くさくなる。

 

だから、そういう瞬間の後は、日々の日常の「私」にもどり、「私の人生」を生き、

 

この地上で分け与えられ、ここでしか発揮できない性質や特質を

 

使いながら、

 

日常のあれやこれやに捉われてみて、そこに向き合い、

 

人間関係に煩わされてみて、そこに向き合い、

 

あれやこれやをどうしようかと、悩み考えたり、行動したりする

 

そんなことが健全な気がする。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。