人生は決まってるんですかね?ってこと

あーあ、今、かなり長文書いたのに、

何か私の右小指が悪さをして、ページが移動して、結果全部消えてしまいました(泣)

うえーん。

これは、このテーマはアップするな、って合図かしら。

人生は決まっているのかどうかについての記事だったんだけどね、

かな~~りドスピに書いたので、

確かにアップするのは刺激が強すぎるかもしれないね。

テーマじゃなくて、内容かな?

少し方向性を変えて、書いてみよう。

人生は決まっているのか、だとしたら虚しい、、、

こんなこと思っている方は結構いらっしゃるし、ブースに出ると必ずそういう方はいらっしゃいます。

人生は決まっているとしたら虚しい、、、

うーーむ、、、

もし、〇〇だったら、、、ってことなのに、虚しさを感じられる

と言う想像力を持つ人間って、なんだかとっても面白いですね。

なおかつ、「もし」で、「だったら」の話なのに、「虚しさ」は決定しているわけです。

私が宇宙人だったら、本当に人間ってどうかしてる、って思う(笑)

が、私もとりあえず人間だし(今のところ)、同じこと思ったことあるし(占いやってればね)、

すんごく気持ちはわかります。

この虚しさは、自分で人生を決定してきたことが無い、と感じる虚しさかもしれないですね。

本当に、人生が決まっているか決まっていないかとか、そこに虚しさを感じている訳ではないでしょう。

自分で人生を決めていける、選択していける、行動していける、、、とか

そういうことを、自分の中から見つけだすことが大切。

「そんなものは自分にはありません、今までだって無かった」

だいたい、返ってくる答えはこんなところかな?

実は、ほとんどの場合、それは嘘な場合が多いんですけど、

こういう場合、この方が本当に決めたかったことに対して、誰かの強い干渉入った、、、とか言うことがあるかもしれないね。

その強い経験にずっと反応しているかもしれない。

こういう方に、本当に占星術をお伝えしたいなあ、と思う。

そして、真にご自身のやってこられた素晴らしい功績や、

才能として抱え込み表出されてこなかったけど、持っていることなど、

トクトクと語りたい(笑)

確かにね、世の中で通用するまでもう少し時間かかるかもしれないし、

その原石を発見したら、磨かなきゃいけないから、

少し痛い思いもするかもしれないよ。

でも、その過程そのものを、

とっても大切で貴重で愛おしいって思うかもしれないよ。

そうするとね、

人生が決まっているかどうかと言うことからね

次元を抜け出して、

自由を得るんだよ。

そして、その自由を発揮するには、

自分に対する責任を引き受ける

って言うことが必要なんだけど、

このことは、本当に本当に自分を自由にしてくれる。

怖いかもしれないし、怖れるかもしれないけど、

それは本当に当たり前のことで、

既にそれを本当は引き受けていることに気付くだけなんだけどね。

自分に対する責任を自分で持てるのは、

自由を持っているからで、

自分の枠を小さくしたり、大きくしたりすることの自由さを持っているってことなんだよ。

それが最初に使う土星の力なんだ。

これを最初にちゃんと自分に許さないから、

土星は怖い、恐ろしい、義務でツマラナイ、制限ばかり、、、とか言われちゃうね。

土星の力の話はまた書こう。

今回はアップできるかなあ。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。