ロンドン日記:初っ端から、気分アップダウン

7月12日に、ロンドンに飛び立ちました。

今回のロンドン行きは、
Dr.本間によるキネシオロジーマスターコースを受けに行くことが最大の目的。

ちょっと早めに行って、コース後は観光とかしたりのんびりしようと、余裕のスケジュールに。

コース中に時差ぼけで、何にも聞いてませんでした、、、とかも嫌だったので、時差ボケ対策も含めて、早めの12日に飛び立つことに。

ロンドン行く度に、いろんな飛行機に乗っているんですが、今回はエールフランスに乗ることにしました。

ちなみに、前回のロンドン行は、アエロフロートと言うロシアの飛行機にしました。

なんて言ったって、安かったので(笑)

ネットではズタボロに書かれているんですが、ここ数年は良いとか言うことも

書いてあり、乗ったんですが、思ったより良かったです。

なんて言っても、昔は座席は壊れていて穴が開いていたり、シートはツルツルすぎて滑って寝られないとか、CAがひどいとか、空港もとにかく暗いとか、荷物は頑丈にテープでとめておかないと盗まれるとか、、、ほんとひどかったみたいです

でも、そういう最低限のことはかなり良くなっていて、機内食もまあまあだった気がします。

でも、帰りはダブルブッキングされ、席が無いとか、そういうハプニングもありましたが。。。

話を戻し、今回はエールフランス。

エールフランスは、乗った途端、CAさんがカッコよくて、かなりのときめきを経験できました♡

なんで、俳優さんみたいなすんごい特上の笑顔でとっても嬉しそうに、

あいさつしてくるんだろう?、きゃ
(〃∇〃)

男性がスッチーに恋をしてしまう理由が初めてわかりました(笑)

機内食も美味しいし、今回の旅は幸先がいいなあ~
(#⌒∇⌒#)ゞ

が、しかし、、、、水星逆行はそう簡単には全てをスムーズにしてくれませんでした(T▽T;)

パリで乗り換えて、18時ごろにはロンドンに到着予定!

なのになのに、パリからの飛行機が、遅れる遅れる( ̄□ ̄;)!!

最初は、30分遅れと表示。

30分経つと、また30分遅れと表示。

そのうち、1時間遅れと表示され、1時間経つごとに出発時刻も1時間ずらしていく。

私は、とっても眠かったので、手荷物を抱えてそこにうずくまって寝ていましたが、

いつ出発するかわからない状態で、ヒヤヒヤもん
(-"-;A

とりあえず、1時間ごとでアラームかけて、寝る(@ ̄ρ ̄@)zzzz、アラームで起きる(+_+)

また、寝る(@ ̄ρ ̄@)zzzz、アラームで起きる(+_+)

寝る(@ ̄ρ ̄@)zzzz、アラームで起きる(+_+)、

と数回繰り返しました。(つまり、数時間ですね^^;)

そんなこと繰り返し、ようやく飛行機に乗れることに!

そしたら、今度は飛行機の中で、何やらフランス語でアナウンスしています。

乗客たちの一斉の深いため息声。(余談だけど、フランス人のため息ってなんかセクシーで芸術的だわね、とかおもってしまふ、変な余裕は持ってました)

アナウンスは理解できないが、ため息が教えてくれたのは、「出発が遅れる」ってこと。

私は、まー遅れてもいーかー、なんて余裕だったんですが、ふと、ホテルのチェックインが心配に。

大きなホテルに泊まるのでなく、家族経営のB&Bなので、果たしてチェックインできるのか、

すんごく不安になってきました( ̄Д ̄;;

でも、眠いのでとりあえず寝よう。

かなりぐっすり寝てから、起きてみると、まだ飛行機は離陸してない( ̄_ ̄ i)

だんだん焦ってきましたが、もうどうしようもないですねえ。

で、トータルで6時間程遅れて、やっと離陸しましたよっ

ロンドンのヒースロー空港に着いて、入国審査が終わり、電車に乗ったら、もう夜中です。

チェックイン、22時までだったよなあ~~~

ホテルの最寄駅に着くも、今度は夜中で暗くて道がわからない。

おそらくこっちだろう~、直感で行くと、こういう時は大抵かなり外れて行く私。。。

歩かなくて良い道を15分くらい歩いたりしてる。

スーツケースが重い、荷物が重い、早く寝たい、体を横にしたい、

といろんな願望が頭をよぎりつつ、タクシーを使うと言う手段を忘れ、

人に道を聞いて、方向をやっと把握する。

早く聞けば良かった。

でも、暗くて通りの名前がなかなかわからず、

あの教えてくれた人は本当に正しい道を教えてくれているのか、と

親切な男性のことを、途中ですんごい疑ってしまったりする。

そういう自分の性分とかサガとかも、すごく嫌いになったり、

もはや、この不安がもうどうしようもない、なんとかして~~。

途中、酔っ払いのオヤジが「飲みに行こう~、ここは僕の庭なんだ~」とか

声をかけてきて(あ、英語でね)、

こういうオヤジは世界中にいるんだな、と思いつつ、

適当に話を合わせながら、スタスタ歩きたいところを、よろよろ歩く

オヤジが「こっちだこっちだ、こっちいこー!」とか言う方向とは違う方向に

目指すホテル発見!

やったーヾ(@°▽°@)ノ

今までの不安が吹き飛んだ瞬間(笑)

そして、ドアに手をかけるが、やはりドアは固く閉ざされていました。

あ~れ~(/_;)/~~

さっき吹き飛んだ不安が、戻ってきました。

はたして、どうなる?今夜は眠れるのか?ホテルはドアは開くのか?

続きはこうご期待☆

(笑)

ってか、続きを期待する人いんのかな?

But、いなくてもアップします(笑)