ロンドン日記:ATTENTIONは大事だね

この日記は昨日からの続きです。

こちらです。
ロンドン日記:初っ端から、気分アップダウン

ホテルに着いたら、案の定ドアには鍵がかけられていて、押しても引いてもドアは開きません。

受付は電気が消えていて、非常灯とか廊下の灯りがほんのり点いているのみ。

受付の人いないかなあ。

どこに連絡したらいいんだろう。

こりゃ、ひょっとすると、24時間空いている店とか見つけた方がいいのかなあ。

日本みたいに、便利な場所とかあるのかなあ、と一抹の不安
(・_・;)

ふと、ドアにある「ATTENTION」の文字とそれに続く文章。

それを読もうとしたとき、ドアの向こうの受付の向こう側に男性がいる!

おもわず、ドアをドンドン叩いたら、向こうも気づいてくれました。

そして、メインのドアの左の方にある、もう一つのドアの方を指さして、「あっちあっち」と教えてくれる。

わ~い、どうにか中に入れるぞ、そしたら、きっとなんとかなるに違いない!

と言う、強い期待を抱く。

そしてさっきの男性が鍵を中から開けてくれました。

中に入ってから、男性にチェックインしたいんだけど、と言うと、

男性は「ソーリー、僕はわからない。」と言うことを言われた。

あれ?どうやら、この人はここに泊まっているお客さんのようだ。

私がドアをドンドンしてたから、開けてくれたらしい。

そして、「じゃあ」と自分の部屋に戻ってしまった。

うーーーむ、どうしよう。。。。

困った
( ・(ェ)・)

このままここで一晩、立っているのも間抜けだよなあ。

でも、もう動きたくないです、神様。
( * ̄)m†~~~

そして、受付の周りの通路をぐるりとすると、もう一つドアを発見。

ここ、開けてもいいのかなあ、なんて思っていると、

先ほどの外から中に入るドアから、女性が2人入ってきて、私が立ち止まっていたところにやってきた。

そして、スーツケースと荷物を持っている私を見て、

「わお~、どうしたの?」とか声をかけてくれる。

こんな一人ぼっちで途方に暮れているときは、こんな風に声をかけてもらうだけで、身に染みる嬉しさ♡がある。

チェックインしたいのだけど、チェックインの時刻を過ぎてしまって、、、

とか言うと、「オーマイゴー!」と言ってくれた。

「それは大変ね。でも、私たちもどうしたら良いかわからないわ。とりあえず、ここに入る?」

とか言われ、そのドアを開けると、どうやら食堂&共同スペースになっている場所のようだ。

彼女たちは、ここで買ってきたご飯を食べるらしい。

私も彼女たちのあとに、着いていく。

彼女たちは大きなソファに座り、買ってきた食べ物をごそごそ開けて、食べ始める。

私も、もう一つあったソファに腰掛ける。

しーーーーーーん

思わぬ私と言うよそ者がいるために、私に遠慮して

自分たちのおしゃべりに夢中になれないようだ。

申し訳ないなあ、と思いつつ、私も何かを伝えたりする気力もあまりないので、

私はもう一つのソファでスーツケースを抱えながらぐったり。

そのうち彼女たちは静かにボソボソと会話をし始めて、しばらくして食事を終えたようだ。

彼女たちは立ち去り際、何か声をかけてくれて、ちょっとした短い会話をしてお別れした。

ちょっとの時間だったけど、人がいるって嬉しかった、ありがとう~お二人様~

と言うような気分。

でも、しーんと静まり返った、ホテルの食堂にただ一人残されると、

一気に寂しくなったりもする。

さっきまで彼女たちが座っていたソファを見る。

ソファ、、、、大きいなあ。。。

はい、この時点で決心しました
f^_^;

今夜はこの食堂のソファで夜を明かそう、と。

靴脱いで、ソファに横になると、意外と楽で気持ち良い。

とにかく横になって寝たかったので、そのまますぐ眠りに落ちました

ZZzz....

しばらくすると、今度はめちゃくちゃ寒い。

おかげで目が覚める。

あのスーツケースを開ければ、ウィンドブレーカー入ってるなあ。。。

起きるの辛い、寝てたい、寒くない寒くない、あったかい~~、私はマッチ売りの少女~、、、

とかやったり、

ウィンドブレーカーよ、ここに来い

とかやったりしたけど、やっぱり寒いのは寒いので

ようやく腰を上げ、スーツケースを開け、防寒具を取り出す

やっぱ、あったかい

そんなこんなで、やっと落ち着いて再び眠る。

でも、窓の外が少しずつ、明るくなるにつれ、少し落ち着かなくなりました。

ふと、窓の外をみると、おじさん2人が笑ってる!!

 

 

 

と思ったら、飾り用の人形が二つ置いてあるのでした(^^ゞ

いやー、どーもどーもです。(余裕が出来たので、写真とか撮ってる・笑)

ソファに寝て仰向けになっていると、窓の外がどんどん明るくなってくるのがわかる。

 

 

そろそろ、朝食の準備とかに、スタッフさんとか来ないかなあ。。。

にしても、ロンドン初日、食堂のソファに寝てるなんて、まったく想像してませんでした。
(↑そりゃそうだ)

なんとなく、どこかにほんのりと侘しさっていうですか?

何やってるんだろう自分、的なものも感じつつ、

なんでこういうことになるかって、そりゃあ、いろいろ安くしようとしたからさ、、、

と言う結論に、なんか、とほほー、な気分。

でも、ま、切り替えとか立ち直りが早いので、

でもね、飛行機の都合でのあれこれって、起きる可能性があるじゃん。

そんなこんなを乗り越えて、ここで安全に寝てられるっていいよね、とリフレーミング(笑)

勉強いろいろした甲斐があったなあ、とか(笑)

まあ、いろいろ使えるもんですね。

そんなこんなで、朝方はうつらうつら。

6時過ぎると、完全に目が覚めてしまいました。

朝食が8時からだから、6時半頃とかから、準備の為に誰かこないかなあ。

って思っていても、いっこうに誰もやってこない。

7時になってもやってこない。

はよ、来てくれ~、朝食の準備、30分でいいんですか?8時から朝食なら、7時にはスタッフ、来てもいいのでは?

とか勝手に、スタッフの就業時間にあーだこーだ言ってみる。

7時半頃にようやくスタッフの一人がやって来た。

スタッフに説明して、「昨日遅く来たのでチェックインできなかった、チェックインしたいのだけど」、と言ったら、

「おー、、、ちょっと待って、受付、読んできてあげる」と言ってくれた。

う、うれしい(T▽T;)

そして、しばらくすると、ネグリジェ姿の女性が現れた。

日本だったら、絶対なんか着てくるだろうなあ、こっちってこういうの楽そう、とか思う私。

「わーお、どうやって入ったの?大変だったわねえ。。でも、どうやって入ったの?鍵がかかっていた筈。開かないはずなのよ。」

えーと、男性が開けてくれて、、、、とか言うと

「カモン、カモン」

外に連れて行かれ、メインのドアのところにある注意書きを読んでくれた。

そこには、

「ATTENTION: PM10:00以降はこのドアは開きません。お客様はご自身の鍵を使って、左側のドアからお入りください。なお、チェックインされる方は、左のドアのブザーを押してください。(←こんな感じの英語)」

と書かれていました(・・;)

えええーーーー!!!

ブザーーーーー???

そんなの!!!

オーマイゴー!!!

|ll|l▄█▀█●l|ll||

 

 

明るくなってから記念に撮ったソファです(笑)

ね。

なかなか寝心地は良さそうでしょ?

・・・・

それにしても、旅先のハプニングって、寝れないことばっかりな気が・・・(笑)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。