変わること変わらないこと

変わること、変化すること

変わりたい、変わりたくない

ここを本当に変えたい!

と強く思ってもなかなか変わらないこと

変わらない自分でいたい

と思っていても、変わることを望んでいたりすること。

時が自然に変えてくれることがあるし

流れに乗ることで自然に変わるものがあるし

そんな風に自然に変われて、気付いたら変わっていたな

と言うのも、いいけど。

でも、あえて、変わるんだ!

って勢い込んで奮い立って、いろいろとやってみて

変わることもあり、

そうやってやったことでしか手に入らないものもあり

でも、やりすぎると、手からスルスルと何かがこぼれ落ちてしまうこともある。

そして、あれやこれややっても、絶対変わらないこと。

テコでも動かないぞ、と歯を食いしばっているのか

そもそも変える気がさらさらない自分がいることに気付いていないだけなのか

変えたら今大切だと思っている何かが崩れてしまうのか

ただ、じっと時を待っているのか。。。

何かわからない出来事が自分の望むように変えてくれないかなあ、

そういう風にしていると、運命に翻弄されるような自分を作り上げている

と言うこともあって、でも、

運命に翻弄されることを避けるために自分を律したり鍛えたりするのも

気が付けば、運命に翻弄されているのと同じ。

変わりたいのか変わりたくないのか

ホントのところはわからないけど

変わりたいって自分がいるなら、変わりたい自分とちゃんとおはなし

そしたら、変わりたくないって自分が出てくるから、変わりたくない自分とおはなし

もしかしたら、どっちかは訴えを聞いて欲しいだけかもしれない

自分の中にいる自分って結構いっぱいいるから

びっくりするよ

そういう中で、自分の中の自分の声を全部やっていると

それは翻弄されていることと一緒

どこを大事にしながら、どう育てるか

どこに主体をおいていくのか

でも、本当はちゃんとそういうの知っている自分がいる

だからその自分を呼び出してみるのもいいね

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。