2013年10月星の風便り

10月になりました。

9月は夏から秋への切り替え期間って感じがしますが、

10月になると秋のことでいろいろ忙しくなる気がします。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、といろんな秋がありますね。

星模様もそれを後押ししてくるような配置ですので、

秋を楽しみましょう。

10月5日 天秤座で新月です。
多くの人と楽しむ、そんな感じの新月です。
交流を広げていく感じがする中にも、
深い心のやりとりも出来そうな感じの新月です。
希望に満ちていますし、
これから起こることにワクワクと心をときめかせているような感じです。


10月8日 金星が射手座に入ります。
自由を謳歌しましょう。
行きたいところがあれば行って、
やりたいことがあればやって、
誰かと話したかったら話してください。

この時期、躊躇することはもったいない感じ。
伸びやかにテンポよく体を動かして、
心が求めるところに連れていってあげましょう。

行先を決めて、そこに向かってまずは走ってみましょう。
疲れたら、立ち止まって周りを見渡して見ましょう。

そこに見えるもの、感じるもの、心惹かれるものと、
自由に自分の思うがままに交流してみること。
そういうことを大切にしたいですね。


10月15日 火星が乙女座に入ります。
自己メンテナンスと行きたいところです。
態度を反省するとか、過去のことを顧みるとかより、
もう少し肉体的なアプローチが良いですね。
良いエネルギーを吸収して、
終わったものを排泄する為の体作りが大切です。

どんなにスピリチュアル的で、
オーラを綺麗にしても、
良いエネルギーで良い波動にしても、
それを宿すのは体となります。

体は面倒をきちんと見ればそれにきちんと応えてくれます。
それなのに、結構忘れがちなところ。

もっと覚えていてほしいし、構ってほしいと思っているのは体。

「私は誰にも構ってもらえない」、
「私のことなんて誰も気にしてくれない」、
「私のことなんて誰にもわかってもらえない」
など人は考えがちで、
それはそれでいろんなアプローチを持って
良い方向に持っていくことは出来るんですが、

but、

おんなじことを、体の細胞、臓器、パーツたちすべてが
思っているのです。
そして、一番構ってほしい人物は自分自身。

細胞が考えをこちらに向けてほしい、と声を上げている。
臓器が意識をこちらに向けてほしい、と声を上げている。
そう考えたら、何を一番してあげたいですか?

この時期、そういう体の声を、具体的に聞いてあげると良いでしょう。


10月19日 牡羊座で月食です。
なんだかとても熱を持った満月です。

他の誰が理解しなくても、自分だけが知っている自分の情熱。

それを自分の為にちゃんと傾けるべきです。

自分の情熱を注ぐことを、他の誰に遠慮する必要があるのでしょうか?

その情熱は犯罪なのですか?

Yesなら、止めてください^^

そして、犯罪でない対象にもう少し絞り込んでください。

でも、Noなら、なぜそれを止めてしまったのでしょうか?

失敗が怖いから?
それなら、いつかは必ず失敗するから大丈夫です(笑)

他の誰かが笑うから?
誰か一人かもしくはもっと大勢が笑うでしょうね、
自分が情熱を注げなかった悔し紛れに。

誰かに嫌われるから?
誰に嫌われたとしても、自分の情熱を放棄してしまったら、
自分が一番自分を嫌いになってしまうのに。
そして、これまでそうやって生きてきたのに。
それが、どんなに辛いか知っているのに。

それなら、この満月をきっかけに、
止めてしまった情熱を一つだけ許してあげてください。

自分の為に。

失敗も糧になり、誰に感動と微笑み与え、誰かに好かれるようになるのは、
情熱に力を注いでから、ちょっと後なのです。


10月23日 太陽が蠍座に入ります。
蠍座の人にとって、今年は結構大変な年かもしれません。
土星が蠍座入りしている上、
その土星と冥王星が常にコンタクトを取っている状態。

蠍座の人は、一つのことに集中して
とことんまでやり抜く習性を持っていますので、
そういうことに集中できるようなエネルギーに転換できていると、
とても発展性のある使い方を出来ますが、
なかなかそうすんなりいかないのが、土星や冥王星のなせる技。

もう一つ、蠍座さんの特徴として、対象にのめり込みすぎて、
自分がわからなくなってしまうこと。

太陽が蠍座入りする、このお誕生日を迎える時期に、
自分の意思を取り戻すことに使いましょう。
もう一度、対象にのめり込むには、一旦自分に戻る必要があります。
このリズムがうまくいくようになると、
蠍座として与えられた秘儀を使えるようになるのです。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。