ソウルプラン・リーディングのこと

今日はソウルプラン・リーディングのこと。

このリーディングでは、チャレンジ、才能、ゴールの

お話をさせていただきます。

それぞれ、

物質的な領域でのお話と、スピリチュアルな領域

でのお話になります。

チャレンジとは、その名の通りチャレンジ。

克服を必要とするところでもあるので、

時に困難に感じたりするテーマであります。

才能は、その人が持っている才能ですので、

結構ポジティブに使えていたりします。

ゴールは到達地点であり、

ゴールの資質もポジティブに使うのに

それほど時間はかからないテーマです。

日本人の性質なのか、多くの方は、

チャレンジの話をされると、うんうんと頷くのですが、

才能やゴールの輝かしい話になると、ぶんぶんと首を振ります。

チャレンジにフォーカスする方が意識を向けやすく、

才能がありますよ、と言うことには、

なかなか意識を向けづらいようです。

才能やゴールの資質に対して、

「それはあたりまえではないですか?」

「え?普通だと思ってました」

とか言う声が多い。

おーい
(*゚ノO゚)<オオオオォォォォォォォーーーーーイ!

あなたがやっていることは、

他の人にはそんな簡単にできないんです、ってば!

このソウルプランでは、

才能を使って、チャレンジを克服する、

と言うことが、一番大切なのですが、

才能を受け入れる、と言うことが、

多くの人にとってテーマなのかもしれない、と思います。

自分の素敵なところを、うんうん、やっぱりね、と受け入れるくらいで

ちょうどよい。

出来ない所にずっとフォーカスするのでなくて、

出来る所を使っていくことで、出来ない所を補っていくことができる、

と言う意識付け。

日本人の自信の無さは、世界に比べて低いと言われますが、

そりゃあ、意識を向ける癖が、諸外国とはちがうんだから、

そうなりますよね。

でも、逆に言えば、そんな風に出来ない所を

常に見つめている日本人って、

とってもとっても健気です。

でも、それが過ぎると受け取っているものを忘れてしまうみたい。

私もそんな日本人癖いっぱい持っていますが(笑)

でも、そこはバランス感覚を養って、

受け取っていること、才能あることを、もっと享受してもいいな、

と感じました。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。