期待と希望

期待すること。

希望を持つこと。

この2つは、似ているようで、実はかなり違うもの。

期待は裏切られる。

期待は重い。

期待すればするほど、

それとキャップのある結果を導き出すことは良くあること。

期待と希望。

この課題は、ずいぶんと前から継続している。

最初はわからなかった。

期待することと希望を持つことの

両者の違いが、

自分の中のこととなると

なかなか認識することができない。

そうなるように期待する


そうするとほとんど、十中八九、と言っていいほど、

期待とは程遠い結果となり、

期待に打ちのめされ、

期待に裏切られることとなる。

ごくたまに、期待通りとなる。

そうすると、その期待通りになった分、

次回、その期待に上乗せさせられた期待と合わせた分、

打ちのめされ、裏切られる、

ように感じる体験をする(笑)。

こういう場合、実際は自身の期待によるものだが、

たまに他者が打ちのめし、裏切ったと言うことがある。

そうなることが、なぜなのか、まったくわからなかった。

でも、今、少しわかる。

期待と言うのは、

こうなって欲しい、という思い。

これが強くなると、結果に強くこだわることになる。

そうなると、プロセスを見る比重が少なくなる。

そこに向かう道のりがおざなりになるのだ。

期待値が高ければ高いほど、

「期待通りの結果」が重視。

「期待通りの結果」から外れそうになると

そこまでの道のりを歩んでいる

自分に、人に対して、物に対して、あらゆる存在に対して、

思いやりの心や感謝の心からも外れて行く。

期待と言う結果になるかならないかの

ゲームの様な日々の過ごし方。

そこにあるのは、結果の世界観

期待が強い、と言うことは、

「私はこれ以外の結果を認めませんよ」

と言うことになる。

だからなのか、期待は「重い」と表現される。

とても限定された範囲の物事しか受け付けない、

と言う姿勢が強まるのである。

それは、視野も同時に狭くなり、

そこに行きつく道のりさえも

一つ以外認めたくなくなり、

限定されてしまうようになる。

他の考え方を受け入れられなくなり、

他のものの見方が出来なくなり、

その結果、期待外れの結果になる。

そう考えて、

あれもこれもそういうことだったのだ、

と今ではよくわかる。

期待することはまったくしてはイケナイという

と言うことではないように思う。

重さ、と言うのは人を鍛え上げるからだ。

鍛えると言うことは、

道のりをより軽やかに進む為の訓練になるが

重すぎることは、それ自身を潰してしまいかねない。

期待の効果を分かったうえで、

自身に期待をかけると良さそうだが、

他者にかけるときには、

なかなか難しいチャレンジのような気がする。

これが使えるのは、

上司と部下のような間柄のような気がする。

父と子、もありそうな気がする。

母と子、だと異常に重苦しい感じで、

期待が密着しすぎて取り外す作業が

困難になりそうな気配がする。

割とありがちな課題として

多くの人が持ってはいそうだが。

期待は重い。

希望は軽い。

希望と言う言葉を使う時、

希望が重いとは言わない。

希望を持つと言うことは、

どのような道を辿ろうとも、

いつかは行きつくだろう、

と言う様な心境だ。

だから、希望を持つことは明るい。

それはかすかな明かりでも、希望となる。

それくらい、希望は軽い。

よく宇宙にお願いするときは、

宇宙に解き放つとか、それを一旦手放しなさいとか

そんなことを言われる。

重い期待を一旦手放し、

軽い希望を持つことで、

それが宇宙に届けられる、

そんなイメージ。

でお、希望がいつのまにか、

期待になる。

その瞬間に人はなかなか気付けない。

期待したとしても、

期待通りの結果、期待外れの結果の両方を

自分の責任として請け負うことができる、

そういう人間でありたい、と願いつつ

「期待」からの学びと言うのを

まだ取り組んでる人生。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。