タモさん、笑っていいとも、今月末に最終回ですね

最近はテレビを見ることが無くなったので、

ここ最近のテレビ事情に疎かったんですが、

いいともが最終回を迎えることは、

去年、誰かのツイートで知りました(笑)

と言うことで、まだ最終回は迎えていないのですが、

今日はタモさんのことを占星術で見てみます。

タモさんには、国民の多くの人が、

とってもお世話になっているのではないでしょうか?

私の両親も自営業ですが、

毎日お昼は「いいとも」を見てました。

30年、それはすごいことですね♪

両親にとって毎日の仕事の張り合いの一部になっていた訳で、

父親など、「タモリがおかしなこと言ってら~」と、

テレビに向かってタモリタモリ、と言っていたのですね(笑)

そうやって働いたお金で私は育ってきたので、

タモさんはテレビの向こうの人でありますが、

とっても親近感のある芸能人です。

タモさんは、昼の顔として有名ですが、実は夜の顔もしっかり持ってる。

この辺りがチャートにどう出ているのか気になりますね。

でも、圧倒的にお昼の番組の人と言うことで定着度は強いですね。

お昼と言えば太陽、太陽と言えば、獅子座の支配星なんですが、

こじつけの様ですが、タモさんは獅子座です(笑)

太陽のすぐ近くには獅子座水星もあって、

水星はコミュニケーションとかで、

獅子座っぽい水星=注目を浴びるコミュニケーション

と単純に考えても、司会業と言うのはぴったりですね~。

司会業だけでなく、多才なのは、

もちろん獅子座の役者ぶりがすごいと言うこともありますし、

獅子座に冥王星もあるしで、単なる司会業では治まらない感じです。

水星は逆行しているので、素直な司会者と言うより、

何か一癖あると言うか、

多くの人と違う視点をいっぱい持っていますね。

この辺りは、水瓶座の月も一役かっているかな?

太陽は獅子座ですが、月はその真向いの水瓶座。

太陽と真向いと言うことは、満月の近くに生まれたと言うことです。

出生時刻がわからないので、正確な位置はわからず、

アセンダントなどもわかりません。

水瓶座の月は、

個性を活かしつつ多くの人々の為に役に立ちたい、

と言う欲求がありますから、そういう思いを、

獅子座太陽エネルギーで

サンサンと多くの人に降り注いできた、

とも言えます。

再度言いますが時間がわからないので、

月の位置も正確にはわからないのですが、

おそらく月は、冥王星とオポジション、海王星ともトライン。

海王星というイメージ(テレビ)の中に、月の自分自身を映しやすく、

とってもテレビ向き。

冥王星というパワーを月を通して、逆に自分の月を冥王星を通して、

カリスマ的に求められ、与えていく感じもあります。

冥王星をカリスマと言う単語だけで済ましたくないのですが(苦笑)、

こういうブログ上だと便利な言葉だなあ、と改めて(笑)。

こういう個人天体に、外惑星からの刺激があるということは、

その分人生は一筋縄にはいかないことが多いですし、

特に幼少期にさまざまに複雑にいろんな思いが形成されたであろう、

と言うことが想定できます。

でも、それがタモさんと言うユニークなキャラを作り出していることに

一役も二役も買っていることは間違いないでしょう。

太陽は獅子座なので、お昼~♪、と言う感じですが、

その真反対にある月は、それを打ち消したりして

夜にも長寿番組だったりするかもしれません。

また、冥王星なども強く働いていそうなチャートですので、

何かそういう要素が夜の番組でも長寿となっている理由かな。

出生時刻はわからないけど、

こんなに長く12:00から始める番組を

何年もやってきたのだとすると、

出生時刻を12:00で算出したチャートも、

ある意味正確な気もします。

そうなるとアセンダントが蠍座になるので、

やっぱりなるほど、となる訳です。

アセンダントが蠍だとすると、

ソーラーアークの冥王星が12ハウス入りで辞めるわけですので、
(ちょっと専門的ですんません)

自分のカリスマ性を隠す、と言う様な感じで、

12:00のチャートはタモさんを良く表している、

とも言える気がします。

現在の蠍座を運行中の土星も、獅子座の天体とスクエア、

そして、アセンダントを刺激しているとしたら、

今、番組に終止符を打つのは当然と言う感じもありますし、

もしかしたら、もう少し前から考えていたでしょうねえ。


Wikipediaを見てますと、幼稚園に入学するときに、

皆が「ギンギンギラギラ夕日が沈む」とお遊戯していたのを

これは僕には出来ない、と言って幼稚園には入らなかった、

と言うエピソードがあります。

皆の輪に入りたがらない水瓶座月の正直な気持ちな感じがしますし、

水星逆行の人でもあるので、ほんっとーにとっても嫌だったんだろうな、

ということ察せられます。

蛇足ですが、「夕日が沈む」ってやっていたから、

獅子座太陽も不満だったかもしれません(笑)

もしかしたら、「手のひらを太陽に」だったら、

幼稚園に入っていたかも?、

なんて思いますが、どーだろ?(笑)

いいともは、1982年にスタートして、約30年と言う長寿番組。

30年、と聞くと、占星術師は、にやり、としてしまいます。

土星が一周するのにだいたい30年。

月のプログレスが一周するのもだいたい30年。

あることがスタートして、それが30年続けることが出来ると、

一番長い節目まで辿り着いた、と言う感じがあり、

それはその人にとって何かやり遂げた感があると思います。


おりしも、木星が獅子座に入る手前で、

いいともを辞める、

と言うのは、何かとっても暗示的です。

夏以降、木星はタモさんの獅子座の天体を刺激していきます。

何か、まだまだ脚光を浴びそうな気配はあるのですが、

プログレスの月を見ると、活動は小さくしたい感じも。

獅子座自体のサインはもともと、

個人的な活動や自分を、とっても大切にするエネルギー。

本当に自分がやりたいこと、

創造力を活かしたこと、

自分自身が楽しいと思うこと、

そういうことに力を注いでいきたいのかな、と思います。

ほんと、まだまだ書き足りないことがいっぱいあるのですが、

この辺りで~。

タモさん、残りのいいとも&その後のライフ、応援してます~♡


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。