火星が射手座入り☆

昨日、火星が射手座入りしました。火星は10月26日まで射手座に滞在します。

今年の火星の動きは、
前半の半年は天秤座に、
7月から9月中旬まで蠍座に、
そして現在は射手座
に滞在しています。

ちなみ、今年の終わりにかけて、山羊座、水瓶座と移動していきます。

半年と言う長期の間、天秤座に火星が滞在していたので、人間関係のテーマや、人間関係を通して個人のテーマが、半年かけて浮き上がってきたことと思います。

火 星が天秤座にいる間は、話し合いで解決できるテーマに取り組みます。ここでは相手をお互いを尊重しながらも、相手を見定める時期です。しっかりと信頼関係 に進展させていくことが出来るかどうかは、次の火星蠍座時期に感情的やりとりを通して白黒の答えが出ることが多いでしょう。

次の蠍座火星 のテーマでは、お互いがもっと親密なるよう取り組む時期です。天秤火星の時期に、どこか気持ちを誤魔化しているような関係を続けていたり、多くの嘘が入り 混じる関係であったり、どちらか一方が無理をしたアンバランスの関係であったり、、、、そういうことがあると、必ず蠍座火星の期間でそれが試されます。無 理な関係はここで破たんとなっているかもしれません。

蠍座火星の期間は、お互いの感情の繊細な部分を見せ合ったり、通常の公的な関係では 見せない姿を見せて行く時期です。天秤座火星の時期のアンバランスさや誤魔化しなども、一気に露呈して行ったりします。お互い、関係にしがみつこうとした あげく、感情の泥沼試合になってしまうような状況もあったかもしれません。

ですが、その関係がしっかりと相手を尊重できる関係であり、お互いがしっかりと天秤の反対の牡羊座の自立のテーマをクリアしている場合、この時期に信頼関係がしっかりと結ばれます。

火 星蠍座の時期は終わりましたが、もし7月から9月にかけて破たんした関係があってもそんなに落ち込む必要ありません。その人との信頼関係を結ぼうと無理に しがみついている場合、蠍座火星の象徴である、暴力、服従、支配などで結ばれる関係に耐えられなくなっていたこと間違いなし。

ち なみに、関係がいつも2,3年で終わってしまう人の言う場合、この火星が一周する間のどこかで躓いている場合があり、それはいつも同じ個所である場合があ ります。そこに向き合う必要のある天体の要素などがあるかもしれません。ちなみに、関係性を維持したい場合、土星エネルギーが不可欠です。

さて、射手座入りした火星は、八方ふさがりの状況から飛び出す勇気をくれます。関係性を飛び越えてもう一度自分自身の道を見定める時でもあります。

また、火星射手座の期間は、蠍座期間に何をしていたかによって、どこに向かうかが変わります。人間関係に翻弄されていた場合、そこを飛び出す勇気となり自由な自分を味います。

何かにひたすら集中していた場合、そこに大胆さを加えて行くことが出来ます。また、身動きとれずに何やら方向が定まらなかったと言う場合、エネルギーチャージしていた可能性もあるので、今時期は外に意識を向けてみましょう。

この辺りは、個人によって物語は異なるので、ご自身のことを詳しく知りたい・話したい場合、バースデーチャート・リーディングをお申込みくださいね^^v

10月26日までの射手座火星には、獅子座木星からの応援もあります。発展性の強い配置です。また、牡羊座天王星からもサポートがあります。

この期間は、大胆な行動、思い切りの良さ、普段と違う自分を意識する、周囲や家族などの評価を気にしない、失敗を怖れず失敗からも学ぶちゃっかりさ、などの意識が大切です。

また、新しいことを学び始めたりするのにも良いでしょう。

未知のものに触れながらの冒険が始まったばかり。

ちょうど、季節はスポーツの秋、学びの秋、読書の秋など、射手座火星入りにも相応しい時期です。

そんな射手座火星入りを存分に楽しんでくださいね~。