惑星の音叉で星のお願いごとを♥ワークショップのレポート

11月23日は、「惑星の音叉で星のお願い事を」ワークショップでした。


射手座新月のお願い事を作るため、
星のお話、シェアリング、アート、惑星の音叉、キネシオロジー、
そして、ホロスコープから今回の新月の特徴をお伝えしたり、
2時間半と言うなかで、盛り沢山でお届けしたと思います。

私達は、願い、考え、行動するのですが、
結構~な割合で、「願い」のところで挫折挫折したりしています。

願いとは、自分の望み。

「こうしたい!」「これが欲しい!」と言う自分の声

でも、自分の願いをすっ飛ばし、
”考え”から、”行動”を起こすことになります。

この場合、自分の願いよりも、
世間や他者や親の影響などを取り入れている為、
もともと自分のニーズにはちっとも
目を配らないことになっていたりします。

こういうのを、
あえてワークショップという儀式を行うことで、
望みを出せる場や、その望みの声を聞く場を設け、
その人の無意識上に眠っている、又は、
以前は押しこめたが今は出たがっている声
聞く場を作る、、、と言う、
ちゃんと深い意味を持たせています。

そして、そういう声と一緒に
ちゃんと体のキャパシティを考えてあげる必要があります。

その声を言うと、
体が弱い反応をしてしまうと言うことは、
それをやるために体に備わっている筋肉が
「えぇ~、また、ああいう風になるのかなあ。。。」
と言う過去の記憶を自動的に再現したり、
防衛を張っているので、
その辺りを今のフィットする位置に持っていくこと。
そうでないと、
その願いを叶えるために通常より
もっと大きなエネルギーを使う必要が出てきます。

そう言うのは、キネシオロジーなどで調整したりもします。

今回のワークショップでは、
五感にフルに働きかけていったので、
願いのセンサーも立ち上がっていったと思いますよ!

頂いた感想をご紹介♪
ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2
先日は新月のお願いごとワークショップ
ありがとうございました。

みらさんはとても話しやすいので
和やかな雰囲気でリラックスして
参加することができました。

私は自分の本当の願いを考えようとすると
「でも、でも」がいっぱいくっついてきて
頭が真っ白に。。。
というパターンなので
実は、新月・満月のお願いごとは
いつもブログの丸写しでした(汗)

今回じっくりとお願いごとについて
考える 時間が持ててよかったです。

お話したり、アートを作ったり、
音叉を聴いたり 身体の反応を見たり、
いろんな角度から 願いは何なのか、
その願いは本当なのか
丁寧にアプローチしたことで
一人で作っていたときとは全然違う
"しっくり感"のあるお願いごとを
作ることができました!

音叉を聴いたら
「ほしい~ほしい~ほしい~♪」って
無邪気な子供みたいな気分になって
それまでモヤモヤしていた思考が
クリアになったのが ビックリしました。

最後にひとりひとり誕生日と
今回の新月のチャートを 出して
コメントがもらえたのも嬉しかったです。

楽しかったです。
また参加したいと思います☆ ありがとうございました。


ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2ライン2

素敵な感想ありがとうございました!
お願いを受け入れて行くような流れは、心が喜びます。
奥が深いですね~♪

今回参加出来なかった方も、是非次の機会にいらしてくださいね!

写真は、ワークショップの様子♪


光の中にいるみたいに撮って貰いました☆

紅葉がとっても綺麗で一番の見ごろの時期だったんじゃないかな。


芝生の上で寝転がって撮った写真。気持ちいい日で、解放感~。