水瓶座で水星逆行中


水星が水瓶座で逆行を始めました。2月11日まで逆行です。

今朝、私のパソコンのマウスの動作が変な動きをしたので、さっそく「水星逆行か」、とつぶやきました(笑)。とりあえず、水星逆行時期の物事の遅延などは、「水星逆行か!」とつぶやいて、乗り越えましょう~。

昔の友達からの連絡、懐かしい便りもありそうですし、逆に古い友達を思い出したら、連絡を取ってみるのも良いでしょう。

今年に入ってから、なんだかあっという間に日常に戻った感がありますが、何人かも同じようなことを言っていたり、他のブログでも見かけたように思います。例年より、お正月が慌ただしかったと言うことかもしれません。

バタバタと過ぎてしまったのなら、一度今年の抱負をゆっくり見直してみたり、ゆっくりした時間を持ってみたりして、2015年と言う新しい年が始まったと言うことを、もう一度意識付けするのも良さそうですね。


水瓶座での水星逆行は、もろにコンピュータ関係、通信機器、電子機器なんかでの不具合とか遅れとかに影響してきそうですね。

現代社会ではその辺りが滞ると日常も麻痺してしまいかねないこともあり、そういう時に今私達が頼っているのは、そう言うものであると言うことを思い知らされるわけです。

メール、ライン、メッセンジャーなどでのやりとりでの、思わぬ誤解が生まれたり、連絡の遅延、返事が来ないとか、、、いちいち焦ったり、怒らぬように。

常にそういうものを気にしている状態であると言う方が、人間的にどうかしているので、そういうことで感情が大きく揺れたら、「あ、自分がおかしいのか」と気付ける訳です(笑)。

もし、あなたが相手の事情を把握していて、「返事が来るのは会社の終わった後だから、だいたい何時頃」とか言うのがあったとしたら、それが打ち破られ、不安になったり、怒ったり、自分が嫌われているとか、嫌われたとか思うかもしれません。

相手が返事を出せる状況下では無かった、と言うことがわかれば納得し、「返事を出したくない」と言う気分であると言うことでは納得しないのであれば、そこには相手への感情コントロールが入っていますから、要注意!

こういうような状況は、自分の範疇でしか物事を考えられなくなっているかもしれない、と言うことも教えてくれます。

これは、えー!って思うかもしれませんが、自分がオカンにされたことを思い返して見れば、「ああ」と納得できるのではないでしょうか?

常に誰かと繋がっている感覚を持ちたい、持っていないと気が済まない、と言うのであれば、水星逆行はその人に孤独を教え、自らの中にあるものにちゃんと繋がる様に仕向けるかもしれません。


また、水瓶座での水星逆行は、結構、強風、吹雪、などもあり得そうですね。お天気も少し変わりやすいかもしれません。変わりやすいお天気は、体も体温を保つためにあらゆる神経を使いますから、不調になりやすいと言えます。

暖かくして、自営しながら過ごすのが、水星逆行の過ごし方のようです。