4月4日 天秤座月食①


4月4日 21時5分 天秤座にて皆既月食です。

深いところに眠ったままになっている、
願望への恐れの感情のリリース、
と言ったところでしょうか。

まるで、
眠ったままのお姫様顔を優しいキスで
起こしに行くナイトのような役割を
あなた自身で果たさなくては
いけなかもしれません。

えー!お姫様の方だけじゃないの?

はーい、そーでーす。

ナイトが必要です。
そして、内なるお姫様にしてくださいね!
くれぐれも、勝手に他人を使わないでください(笑)

 

自分自身の男性像との和解
もしくは女性性との和解
そんな感情的な意味合いが
今回の月食にはありそうだからです。

目の前の相手からテーマが
やってくることもあります。

そんな方は、目の前にいる人に、
自分が避けていたことを
相手に見てしまうかもしれませんが、
やはりそこにあるのは、
なんらかの和解かもしれません。


また、
天秤座なので、実際の人間関係との
適度な距離感を計る必要もあります。


さて、
美や平和の天秤座領域に
眠っているお姫様とは一体何でしょうか?

それに、
願望なのに怖れているってどういうこと??

その辺の話を少し。

願望で怖れていること、、、
ありますよね~、いっぱい。

自分が魅力的であることを認める心。
愛を語り合いたいと言う素直な心。

また、もしかすると、
結婚したいと言う気持ちや
恋愛したいと言う気持ちだったりします。

願望なのに、怖いと言うのは、
これらを認めると、
もれなく、
誰かからの嫉妬や妬みを受ける不快さ、
相手に拒否されるかもしれない悔しさや虚しさ、
皆から冷やかされるかもしれない気恥ずかしさ、
と言うようなこともくっ付いてきます。

嫌だと思っているのは、
誰かからの嫉妬や妬みでなく、
それを受けた時に感じる自分の感情や衝動。

だからこそ、
可能性を持つと言うことや
願望を持つと言うことは
怖いもので当たり前なのです。

そこにはそういうネガティブな可能性も
満ち満ち溢れていて、
だからこそ、
魔女の魔法によって、
一度封印されたんです。

これまでのあなただったら、
その怖さだけで
風の塵となってしまうくらいで、
それは
未熟さゆえだったのかもしれないし、
用意が出来ていなかったのかもしれないし、
時のタイミングがずれていたのかもしれないし。

そこに自分では予測不能、対応不能のことで
その取り計らいが行われたみたいです。

でも、天秤座の月食は
そこを掘り起こし、揺さぶり、
気付かせます。

だから、もう一度、
不快な感情や悔しさや虚しさのようなこと、
出てくるかもしれない。
でも、
確実に封印を施した時より、
丈夫になっていて、
それを感じても耐性が出来ている筈です。

だって、これまで他のところで、
そういう嫌な感情とか体験してるので。

そうしたら、
昔のあなたになり切って同化するのでなく、
昔のあなたの手を引いてあげてくださいね。

続きます。