太陽と月の心理占星術講座のレポート




4月29日に
太陽と月の心理占星術講座を開催しました。

12サインの、太陽、月のそれぞれを学び、
身内の人をチェックしてみたり、
周囲の気になる人をチェックしてみたりして、
その人たちがどんなメッセージを
自分に与えてくれているのかをみたりもしました。

あ~~、なるほど~~、
ってなことも、あったかと思います。


T様からのご感想

太陽星座、月星座、アセンダントは
漠然と知ってはいたのですが、
ワークショップに参加して、
持って生まれた私らしさ(アセンダント)や
欲求(月星座)を太陽星座で活かす、
方向付けることで、
私が私らしく生きていくのだ、とわかりました。
自分に置き換えると、仕事において、
太陽と月がうまく活かせているようで、
それは長年この道で働いているからなのか、
それともうまく活かせているから、
こんなに長く同じ道を進めているのかな、
と感じました。
また、別の基盤作りとして、月の欲求を叶える、
何かにトライしてみることが、
特にプライベートにおいて有効なようですので、
プチチャレンジをしてみたいです。
本当のチャレンジ、
課題(笑)にも取り組んでいきたいです。


T様、ありがとうございます!

月は感情の基盤ですので、
そこの厚みが増えると、
人生自体もぐっと変化していきますよ♪



講座では、太陽と月の違いなど
話させていただきました。

また、最初のワークで、
どこのエネルギーに同化しすぎてしまっているか、
と言うことをチェック。
なんとなく心当たりがあったのではないでしょうか?

女性は、月、金星に
同化してしまっていることが多いです。

女性にとって、太陽のエネルギーは、
どっか遠い国のお話っぽく
感じてしまうことがあるかもしれませんね。

これは個人の問題と言うより、
社会的な集団抑圧心理も働くので、
致し方ない部分もあります。

女性は、
妻のように大人しくいるか、
若い女性の様に美しく着飾るような、
なんとなく古いジェンダーイメージを
押し付けられたままの集団心理が、
まだまだ居残っているからです。

長い歴史の中で、
女性はある意味戦い続けています。
ものすごく、ぶり返しが起きたり、
一時期は、女性性を全部抑圧するくらいに
男性的を目指して
キャリアウーマンが多くなったり。

でも、これはいろんな女性が
生き方の多様性を見せてくれた結果Heart
だと思います。

おかげで、女性はいろんな選択肢が
増えています。

女性に遅れて、
ようやく男性も変化しだしていますね。

男性の場合は、
社会的な制約を意識して育つことが多く、
太陽エネルギーを強く使うでしょうが、
その分、月が弱くなります。

最近は、
若い世代におしゃれ男子が徐々に増え、
男子も金星を取り入れ始めましたね。

まあ~、何となく金星やり過ぎ感と、
金星使わない野暮感を行ったり来たりしながら、
バランスを取っていくのでしょう。

性別はありつつ、でも、
女性が太陽や火星を使いこなし、
男性が月や金星を使いこなす道も、
可能です。

トータル的な人間性を生きる方向になります。
水瓶座時代っぽいですね。

太陽エネルギーは
女性も男性も十分に成長させるのは
難しく時間がかかるのは一緒です。

講座では、
月の過不足と過剰のパターン、
太陽と過不足と過剰パターンなども
みて行きました。

細かく気にするのではなく、
困ったときの指標にでもして頂くと良いと思います。

さて、5月23日(土)は、
星と癒しのワークショップ&個人セッション

関連記事
深い癒しの旅、シャーマニックへの道、精神的な道へ導くキロン

自分の中の心の痛みがあるんだけど、
いざ、説明しようとすると、
話し自体が陳腐になってしまい、
それは我が儘なんじゃない?、
我慢が足りないんじゃない?、
そんな勝手なこと意味がわからない

とか言われて傷つき、
もう口にも出せなくなってしまった。

自分でも何でこんなこと言うんだろうと思い、
いつしか向き合うのを止めてしまったけど、
やっぱり、そのことがいつもちらつき苦悩する、
と言うような、
心のひだに隠れた痛み
についてのワークショップです。

心当たりある方、どうぞお越しくださいね。

もしかしたら、それはキロンかもしれませんよ。
少しずつその苦悩をほぐしていきませんか?

ご予約は以下からどうぞ!
初めての方でも大歓迎いたします♪

ご予約はこちら