心理的抑圧【金星編】金星の人と関わる力の源①

星お知らせ星 2つまとめて500円割引
●5月6月キャンペーンメニュー
魂の向かう場所ドラゴンヘッドと、傷ついた癒し手キロンのリーディング


予約する



こちらの記事は、以下の記事の続きです。
合わせてお読みいただくと嬉しいですが、
長いのでお読みいただく場合は覚悟を(笑)。

心理的抑圧【月編】月の欲求を紐解いていく①
心理的抑圧【月編】月の欲求を紐解いていく②
心理的抑圧【水星編】水星のエネルギー方向を考える①
心理的抑圧【水星編】水星のエネルギー方向を考える②


金星は、15才から25才と言われます。

思春期から20代の時代で、
恋に、遊びに、趣味に夢中になっている時。

人によっては10代前半を含めても
構わないでしょう。

会社勤めをしている女性の場合、
土星のサターンリターンを迎える29歳前後までは、
職場の”花”の役割として重宝されるケースがあり、
この辺りまで、金星意識で行けたりします。

水星の時代から、金星の時代に移行する時、
月の時代から水星の時代の移行ほどは
ショックはありません。

月と金星が馴染むエネルギーなので、
既に体験済の感覚も持ち合わせているからです。

月ではお母さんにべたべたしていたことを、
金星では恋愛でべたべた出来る訳です。

と言うことは、月での抑圧が過ぎると、
金星ステージへの移行がなかなか
スムーズにいかないことになります。

また、水星が発達しすぎていると、
金星の温かみのあるエネルギーに
戸惑ったり、恥ずかしさを感じたりして、
中性的であろうとするかもしれません。

金星は最初は
恋愛を通して、いろんな失敗を含めながら、
人間関係を学ぶ時でもあり、
自分の価値に従った欲求を
大いに楽しむ時でもあり、
自分自身の性を意識しながら、
相手とのコミュニケーション

試みようとする時でもあります。

ここでは、
親と完全に離れた世界で、
異性と戯れ、同性同士とも様々な楽しみを
分かち合います。

人間に対する温かみを体験したり発揮したり、
家族以外の人と肌が触れ合いながら、
青春を謳歌する時。

水星ステージでのコミュニケーションと、
金星ステージでのコミュニケーションには、
大きな差があります。

水星は自らの好奇心で動きますが、
金星は周囲を見渡し、
周囲を気にするようになり、
その中で自分も一緒に楽しむように
工夫や調整しようとします。

金星ステージにうまく移行出来ない
理由はいろいろあります。

月ステージで、
自分自身の欲求を認識できないままであったり、
欲求過多になり過ぎている場合など、
金星ステージでの振る舞いの失敗が、
大ダメージの様に感じてしまいます。

そこから、
人間関係に傷つくのが怖くなり、
人に近づかない、
離れた位置で関係全体を捉えようとする、
自らの気持ちや感情をないがしろにする、
など、それはいろいろな防衛を取ります。

これは、月が傷ついたままの場合、
金星で傷ついた時の戻り場が無い為、
仕方のないことです。

馴染めない、と言う感覚は、
月や金星を見直す合図でしょう。