11月23日 人々の心理的欲求の違いを学ぶ、月の基本欲求と意図する太陽の心理占星術

11月23日のワークショップのお知らせです。
ブログ下に、長々と関係性について書いてますので、
良かったらお読みください。


~人々の心理的欲求の違いを学ぶ~
月の基本欲求と意図する太陽の心理占星術【基本】

時間: 10:30~17:00

場所: 大倉山(詳細はお申込者に別途お知らせいたします)

内容: 太陽星座と月星座を理解する
☆テキスト付き

午前:
○自分の癖と苦手意識が教えてくれること、アートワーク
○太陽と月の違いについて
○アセンダントとは何か
 ☆アセンダントの支配星を見つける。
○エレメントからくる欲求や衝動の違い

午後:
○太陽について学ぶ
 ☆育てていく資質
 ☆自分の資質から逃げると・・・起こりやすいこと。
 ☆自分を制限する思い癖
○月について学ぶ
 ☆月の欲求と、それが満たされるとき
 ☆月の欲求が不満足な時・・・起こりやすいこと。
○身の回りの人に感じている思いのワーク
 ☆あなたはどんな人を引き寄せているのか
 ☆あなたはどの星座についてどう思っているのか
 ☆両親、兄弟姉妹から導き出せること
○シェアリング、質問など
など

※内容の順番や詳細は若干入れ替わることもございますので予めご了承ください。


参加対象: この講座に興味があるどなたでも
・占星術を知らない方、初心者の方、多少知識がある方など誰でもOK。

参加料金: 
8,000円 (事前振込制)
※12月13日の
2015年から2016年の星読みワークショップ

と合わせて参加される方は、
合計1,000円割り引きとさせていただきます。

人数: 8名

こんな人へ:
・多くの人達を理解する必要がある立場にいる。
・家族の傾向や性質を知りたい。
・他者の行動と気持ちがよくわからない。
・自分自身についてわからない。
・自分について掘り下げたい。


お申し込みする



人の価値観はいろいろありますが、
そうわかっていても、

意外に相手も自分と同じように感じているものだと、
人は
無意識的に思っています。

ある関係性を築くとき、
共通なことを深めていくこと、
違いをそのまま距離を保ち見守ること、
と両面がありますが、
実はどちらも大切です。

どちらもバランスよくあると良いですが
大抵は前者の方が多いかもしれません。

自分と相手との間にある、
同じように感じたり考えたりす
ることを見つけ、
そこを発展させていくやり方は
多くの人
が取っているやり方のように思います。

ですが、
この前者のやり方しか知らないと、
それがうまく行かなかったときにも、
同じ意識でいようとしたり、
同じ感情を共有させようと頑張ったり、
「常に一緒だね」が基準になり過ぎたり、
同調への意識が徐々に、
相手側へのコントロールへ変貌してしまします。

この場合、
同調しようと言う自覚は本人にはなく、
関係性とはそういうもんだと思っている、
つまり、
無自覚で無意識的な行為
陥っている訳です。

そういうパターンしか知らないと、
お互いがまったく違う価値観を持
つことが、
大きな問題であり壁マリオとなってしまいます。

何かの価値観の違いが生じた時に
危険信号になってしまい、
それを一緒にしようと無理強いして、
結果的に、
必ずしも自分を強く出したい訳でもないけど、
共感を得られるまで頑張ってしまい、
いつのまにか衝突している。

これは
相手が自分と同じ様に感じて欲しい
と思っているだけなのですが、
共通
項を強いるやり方になってしまい、
お互いに同調を強く求
めていくけど、
実際は違うので相容れません。

でももし、
同じを求めるのでないやり方を知っていたら、
お互いに差異
があることを認識し、
そのことについては共感も同調も
ないかもしれないけど、
相手がそう感じたり
そう考えたり
することを、
尊重していくこと
になります。

この場合は、
自分の中で生じた感覚や感情を脇に置き、
も、
それを無視することなく、
相手の話を聞いたり、
どう
感じたりするのかを聞いたり、
自分の感情や考えも相手に

押し付けることなく相手に伝える、
と言うやりとりであり

少し高度なやり方になっていきます。

そんなやり方を取ることができると、
必ずしもコミュニケーションにおいて、
共感が必要無くても成り立つものだと、
と言うことがわかるでしょう。

そして、
相手と共感しえないテーマがあったとしても、
お互いの関係性が浅くなることはなく、
むしろ、深まっていくものになります。

でも、
それをやるのはなかなか難しいものです。
なぜなら

その余地が入り込む為の視点や視野が
自分の中に無い
で、
相手の言う感覚や感情が
やっぱりまったく信じられな
からです。

そして、やはり、
相手の言うことが理解できないから、
じられない、
と言う流れの同調行為に頼るやり方に
戻って
しまうのです。

ここでは、
相手を理解する=共感すること
=自分と同じであることを見つけること、
と言う視点しか
働いていません。

そんなとき、
少し心理占星術を知っておくと便利だと思います


その違いが生じる感覚や衝動などを学ぶことで、
もしかして、そう感じることもありかも
と言うキャパシティを自
分の中に持つことが出来、
関係を深め、発展させていくた
めの、
話し合いにすることが出来るからです。

相手と自分が違っても、
傷つかなくなります。
多くの意味
で、
これは自分自身の成長にも繋がっていきます。

それはとても人間に興味が湧いてきますし、
面白いことで
す。

と言うことで、
ピンと来たら、是非、
お申し込みくださいませ。
お待ちしてお
りますはーと

お申し込みする