2016年6月の風の星便り

 

6月になりました。

6月は田植えの季節です♪

私もようやく田植えのスケジュールを組みました。

 

でも、お天気との兼ね合いもあるので、

この時期、スケジュールを

とても駆使する必要があります。

 

梅雨時期は特に大きなことも無く、

梅雨でじめじめと憂鬱になることもありますが、

田んぼをやっている人は、

田植えと言うビッグイベントで過ぎ去っていきます。

 

「田んぼ」と聞くと、

とてものどかなイメージをしますが、

この時期の田んぼはとても活気づいていて、

むしろ殺気立つこともあります(笑)。

 

今は整備もきちんとしてきて、

それほどでもないかもしれませんが、

田んぼには「水問題」と言うのがつき物です。

 

田んぼは区分けされていても、

そこに水が入る方法はそれぞれであり、

でも、水源は一緒と言う問題があります。

 

それが隣同士の田んぼに影響し合ったり、

先に水を入れてしまったら、

お隣に浸み出てしまったり、

 

上から下へと田んぼ伝いに水が流れる仕組みの時は、

上の田んぼの持ち主と、下の田んぼの持ち主が、

仲悪かった場合、

水が流れないように意地悪したりとか、

 

そういうときは、クワ持って、「やるか!?」と

にらみ合いを目撃したこともあるとか。

 

だから、田植えの時は、

特にマナーに気を付けてます。

でも、慣行農法の人からしたら、

自然農は既にマナー違反的なこともあります。

 

農法として認めて貰える様になるには、

実践しつづけ、稲を育て、

毎年きちんと収穫をあげる事を続けていると、

ようやく一人二人とちゃんと見てくれる人がいて、

「君らもよくやっているんだね」

と言われるようになり、

徐々に認めてくれる人が増えていったそうです。

 

近隣農家の人と仲良くやっていく、

これは会の方針の一つであって、

それを実践するのは言う程簡単ではないけど、

大切な事だなあと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●上旬

柔軟宮でのグランドクロスが形成されています。

大きく揺さぶりをかけられそうです。

おまけにグランドクロスに新月が加わるので、

変化せざるをえない事がありそうです。

 

大きな曲がり角に差し掛かっているので、

これまでと見る方向が変わり、風景が変わります。


そこに行くには、

貫いていた何かを変えなくてはならない

そういうことが必要かもしれません。

 

でも、行きたい方向を見失わないでください。

 

●中旬

海王星と土星が逆行しながら、

スクエアを形成し続けます。

 

夢と現実の間にジレンマを抱えるような感じです。

ずっと信じていたことや、

信念体系が崩れ去るかもしれません。

 

それは、

権威ある存在だと思っていて信じ込んでいた事に、

嘘や偽装があったということを認めざるを得ないとか、

 

個人レベルでは、

信頼出来る家庭環境で育つことが出来なかった人が、

家族から言われたことでずっと自尊心を失くしていたけど、

その内容な真実では無かった、

と言う様な事に気付きなども含めてです。

 

一時的、喪失感や悲しみを生み出すかもしれませんが、

過去に捉われる必要が無くなり、自由を手に入れる

とやがて気付くでしょう。

 

●下旬

太陽が蟹座に入り、夏至を迎え、

何かと動き始めの感じがあります。

 

調整事は終わらせ、

迷っていたことには決断を下し、

見通しを持って前に進み始める時期です。

 

火星も月末ようやく順行に戻るので、

アクティブになりそうです。

 

 

6月5日 双子座ふたご座で新月。

大きく方針替えが起きそうな新月です。

 

新月が双子座14度で起きるのですが、

ここに金星がピッタリとコンジャンクション。

 

そして、木星も乙女座で14度にあり、

新月にスクエアを投げかけています。

 

土星と海王星は12度でスクエアを形成。

 

全部、柔軟宮です。

新月、木星、土星、海王星でグランドクロス。

 

方針を変えそうな感じ。

 

金星が関わるので、

仕事一筋に生きると決めていたけど、

結婚する人生も良いかもと言う様な、

愛に関わる変更なのかもしれません。

 

6月13日 水星が双子座ふたご座入り。

水星が俄然、意欲的になります。

好奇心旺盛で外へ足を向けましょう。

 

行ったことない場所に行ってみる、

食べたことないものを食べてみる、

やったことない事にトライしてみる、

話したことない人に声をかけてみる。

 

新しいエネルギーを取り入れることで、

新鮮さと触れ合い、道を開いてくれます。

 

6月14日 海王星が逆行へ。

魚座の海王星が逆行し始めます。

11月20日までと、長い逆行です。

 

この逆行は意識上ではっきり認識できる

変化や動きとは違うかもしれません。

 

心で起きていることが確かにあるのに、

現実は何も変わらない、

って言うことがあります。

 

そういうとき、

海王星も一役買っていることが多いでしょう。

 

現実離れし過ぎた期待は

保てなくなるかもしれません。

そして、

それは現実では何も起きていないのに、

どこか喪失感を伴うものです。

 

だけど、その期待を手放すことにより、

ようやく無理をして背伸びをする必要が無くなり、

本来の力を自分に戻すことが出来る、

と言う実はありがたい副産物付きなのですが、

それに気付くのはもっと後かもしれません。

 

6月18日 金星が蟹座さそり座入り。

身内の人達、仲間や家族と言う

プライベートの人達との関わりを

大切にしたくなってくるかもしれません。

 

また、この時期は、効率的に動くよりも、

感情的な側面を大切にした方が、

うまく行くケースもありそうです。

 

6月20日 射手座いて座満月。

太陽が蟹座入りする直前での満月。

夏至の直前に満月となります。

 

満月で大きく気持ちを盛り上げ、

エネルギー充電した後に、

すぐに気持ちを切り替える必要のある案件

があるようです。

 

6月21日 太陽が蟹座かに座入り。

春分の日から、太陽が90度の位置になります。

 

1年と言うスパンで物事を捉えた時、

一つの局面が終え、新しい局面へと向かう時です。

これから夏が始まりますので、

一番活発に動いていく時期になります。

 

夏至図を作りますと、

木星とドラゴンヘッドがぴったり重なっています。

 

自分の才能を世の中に活かすために、

何をしたら良いのか、

と言う事がテーマの様です。

 

あまり私利私欲に走るとうまく行かない様です。

 

6月30日 水星が蟹座かに座入り、火星が順行へ。

 

水星が蟹座入りするので、

蟹座に太陽、金星、水星と3天体。

 

蠍座の火星も順行に戻り勢いが増します。

 

水エレメントが優勢な時期です。

 

誰かと感情を交わすことによって、

勇気を得たり、自信が持てたりしそうです。

 

人に傷つけられ殻にこもっていた事は、、

人によって助けられ心の癒しを得る、

そんなこともありそうです。