バドミントンのダブルスの高橋松友ペアⅡ

★お知らせ

チェック9月18日に木星天秤入りに関するワークショップ。1年の折り返しである秋分の日もあるので9月は意識を大きく切りかえる時ですね。ピンと来たら是非ご参加ください。

9月18日(日)木星天秤座入りワークショップ

 

★キャンペーン

チェック8月末まで家族間リーディングを行うキャンペーンを実施中です。ご家族5名分のチャートをあらゆる角度から分析した結果をお送りいたします。

星でみる家族のカルマリーディング (お申込み期限は8月末

上記お申込みはこちら

 

チェック星の無料相談サービス提供中です。こちらは生まれた日付時刻が必要ない占い方法で、関係者が複数ある問題、期間限定の問題、より具体的な問題などに適しています。

 

 

牡羊、水瓶は、個性を大事にし、

割と一人でも行動できる人達です。

 

二人は常にべったりといると言うより、

心に信頼を置きあっていて、

日常的な場面では別行動が多い、

とってもさばさばして付き合えるのが、

お互いにありがたいと思っている、

そんな印象を持ちます。

 

松友選手は、水星も水瓶座。

あの判断力と冷静さ、スピードは、

この水瓶水星が効くからこそですね。

 

高橋選手の水瓶月の近くにはドラゴンヘッドがあり、

松友選手の太陽とほぼ重なっています。

 

太陽とドラゴンヘッドが同じサインにある者同士は、

同じ目的を持って、何かを成し遂げるのに、

とてもベストなコンビです。

 

高橋選手は月もドラゴンヘッドも水瓶座なので、

自身の欲求に従うと言う重要なテーマを持っていて、

だけど、それは独善的すぎると人生の扉が開かない、

強い自我を他者を元気づける事へ使うこと、

と言う様な少々難しいテーマを今世に持っています。

 

ドラゴンテイルの獅子座の方向である、

「自分だけ目立とうとするとうまく行かない」

と言う落とし穴に常に注意する必要があるため、

もし、シングルでずっとやり続けていたら、

オリンピックを目指すと言う事は難しかったかもしれません。

 

ですが、同時に高橋選手は牡羊座なので、

勝負に出る事、勝つ事、自分の力を試す事なども

人生において切り離せない大切なテーマです。

 

ダブルスでオリンピックを目指すと言うことは、

これらの様々な特質や資質をうまく使える条件が整う、

と言う事になります。

 

簡単に書いていますが、

それを実践するのには様々な心の壁とぶつかったと思います。

 

大抵、リーディングなどで、

ドラゴンヘッドや太陽のテーマを伝えると、

多くの人が少々眉をひそめることが多い、

そのくらいドラゴンヘッドのテーマは

とても面倒と感じることだからです。

 

ですが、心に負担があるのを少し感じずつでも、

ドラゴンヘッドのテーマに取り組むことで、

人生がとても開けてくる、

そんな不思議な力を持っているところでもあります。

 

高橋選手の場合も、

他者をサポートする立場に立つこと、

自分のすごさを見せるより他者のすごさを褒め称えること、

そんなことをしていくと、

大きな力を得る様になっていきます。

 

シングルでなくダブルスで戦うと言う事を選んだ時点で、

ダブルスでは自分だけと言う訳にはいかず、

相手のペースのことや、自分自身の欠点や利点などと、

心底向き合える環境が整います。

 

相手が持っていて自分が持っていない才能に、

いちいち嫉妬したり、競争心を抱くのでなく、

それを互いの目的の為にうまく活用するような意識が

とても大切になってきます。

 

高橋選手の月&ドラゴンヘッドがある方向では

松友選手の太陽が輝き、水星も光を放っています。

 

高橋選手の欲求を

見事に体現してくれる存在が松友選手。

 

高橋選手が、松友選手の個性を褒めたり認めていくと

松友選手は自信を持ち、自らの力に気付き、

輝きを増します。

 

その松友選手の輝きを高橋選手が見ることで、

今度は高橋選手が自らの長所に気付き、

創造的なエネルギーが

内側から流れてくることを感じるようになり、

 

二人の間には大きなエネルギーが交流しだす様になります。

 

互いを高め合う相乗効果を生み出して行ける組み合わせ、

と言う事になります。

 

さらに続きますー!