射手サインの土星-魚サインの海王星のスクエアの時期①

★ワークショップ

チェック9月18日に木星天秤入りに関するワークショップ。1年の折り返しである秋分の日もあるので9月は意識を大きく切りかえる時ですね。ピンと来たら是非ご参加ください。

9月18日(日)木星天秤座入りワークショップ

 

チェック10月9日に以前に開催した、世界地図から自分のパワースポットを探すワークショップと、お部屋をパワースポットにすべく惑星との関連をお伝えするワークショップ開催します。詳細はまた後ほどアップしますが、お申し込みは受付中です。

10月9日マイパワースポット探しのワークショップ(午後)
10月9日惑星とお部屋の関係ワークショップ(午後)

 

ワークショップ、キャンペーンお申込みはこちら

 

チェック星の無料相談サービス提供中です。こちらは生まれた日付時刻が必要ない占い方法で、関係者が複数いる問題、期間限定の問題、より具体的な問題などに適しています。

 

 

現在、土星と海王星のスクエアが続いています。

 

土星は射手のサインで順行しいて、

海王星は魚のサインで逆行中です。

 

今月21日頃までピッタリと10度でのスクエアが続き、

それ以降徐々に離れて行きます。

 

この間の12星座占いのブログの中で

> 今月は、土星と海王星のスクエアが続く一ヶ月。
> 組織的な枠組み、社会的なルールなどに関し、
> 海王星が「このままでいいのかな?」と
> 言うモヤモヤを投げかけ、
> 作り上げてきた既存の枠や境界線を溶かします。
 
> ずっと現状維持出来たことに関して、
> さらさらと崩れていく、消滅してしまう、頼れなくなってしまう、
> そういうこともあり、
> そこには新しい枠組みが必要、と言う事です。
 
> 状況、条件、気候、対象年齢、期間、人数、、、などなど、
> 様々な当初の要因が変わってしまったからです。
 

との様な事を書きました。

土星は社会的な秩序に関わる惑星なので、

割と社会的なニュースで出来事を見る事が出来ます。

 

~土星-海王星に関連したニュース~

 

この土星-海王星スクエア意識に関わる事について、

ああ、そうそう、こう言う事言いたかったんだわさ

と言うニュースを見つけたりします。

 

一つ挙げるとするなら、個人的に気になるニュースはこれ。

<ワンセグ敗訴>受信料制度に一石 NHK、徴収にも影響

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000126-mai-soci

 

ワンセグ受信料、総務省がNHK聴取へ 見直し要求か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000007-asahi-soci

 

NHKは古く、権威もあり、公共放送で、まさに射手の土星。

 

それに対して投げかけている疑問や不思議は、海王星。

 

ワンセグってテレビなの?設置してるの?携帯は設置?

「使用できる状態にあることは設置と言う!」

と言うことを断言される方もおられるようですが、

 

そもそも機能を付けたから支払えってどうなの?

見ていなかったらどうするの?

選択権がどこにあるの?

 

など、様々な疑問を目に見える形で浮上。

 

土星で象徴されるものの存在意義在り方を巡って、

疑問を投げかけるのは海王星であり、

人々の集合意識です。

 

もちろんこのようは疑問は突然湧き出したわけでなく、

もっと前から存在していたのですが、

アスペクトが生じるということは、

世の中に提示される出来事として見せてくれます。

 

おもしろいことに、

ワンセグ、テレビ、受信と言う状態は、

海王星の象徴です。

 

天王星天王星や海王星海王星は、

その記号がアンテナに似ているので、

受信機に例えられます。

 

それぞれ役割の区別があり、

ネットや携帯などの双方向の通信は天王星、

ビジョンやイメージを受信するのが海王星、

と言った具合。

 

更に更に、

裁判の判決が出たと言うのが、

如何にも射手の土星の象徴そのもの。

 

このニュースには、あらゆる側面から、

土星-海王星が含まれています。

 

~否定することによる効果~

スクエアは物事を否定の側面が強くあります。

 

否定することによって起きる効果は様々であり、

 

それは惑星により、置かれているサインにより、

力強いか弱いかなどにより、

影響は異なりますが、

 

海王星は、

その物事を解体していくその存在意義を問う

対象をぼかしながら、不要なものを流して行く

そんな役割があります。

 

そうしながら海王星は

土星として象徴されているモノの本質を引き出して行き、

土星はそれに応え枠組みを

再検討し直さなければならないでしょう。

 

これはとても面倒なことでしょうが、

人々にとっては良いことです。

 

関係者はとても苦労すると思いますが、

本来の機能に戻すこと、肥大化した部分を洗い流す、

と言う事にもなるかもしれません。

 

海王星が関わる時は、

本当に多くの人々の為になるようなことを考えて行く、

と言う姿勢がとっても大切になってくるでしょう。

 

土星-海王星記事、続きます~次回は両さん~