へびつかい座って西洋占星術ではどうなっているの?①

チェック11月11日/12月20日の対面リーディングのお知らせ ⇒ お申し込みはこちら

 

チェック星の無料相談サービス提供中です。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、より具体的な問題などに適しています。無料相談のお申し込みはこちら

 

西洋占星術の説明をするときに、

 

「占星術は黄道上(太陽の通り道)にある12星座を使った占いです」

 

と表現されることがあって、

それによって、よく誤解が生まれることがあります。

そして、よく受ける質問が、

 

「黄道上にはへびつかい座もあるのですが、それは使わないのですか?」

 

と言う事。

 

”なんと、12星座だけでなく、13星座あった!

星占いで自分の星座が変わる!?”

 

と言う様なテーマって定期的に浮上します。

 

ですが、そもそもの話しをしてしまうなら、

西洋占星術は12個の体系であるから始まっている、

それが積み重ねられてきているものなので、

 

今までの星占いの自分の星座が変わったり、

星座が増えるなんて事ありません。

 

ただ、まったく別物として13星座占いを提唱したり、

神話として入れ込んだり、

そのように使う人はいるかもしれませんが。

 

なので、何度へびつかい座の話しが出ようが、

占いの世界ではパニクッてはいないと思いますが^^;、

 

この辺りたまに誤解を受ける事でもあるし、

少し説明をしたいなあと思いましたので、

ちょっとブログにまとめて行きますね。

 

・・・ちょっとと思ってたのに①~③までになってしまった・・・・

それでも長い、、、、気長に読んでくださいませ。

 

~春分点が基準、そして12等分であること~

西洋占星術では、

春分点を起点にして太陽の通り道を12等分して、

そこから順番に牡羊、牡牛、双子・・・と名前を付けてあります。

 

西洋占星術では大事なのは

・春分点が基準

等しく12個

ということ。

 

つまり、各々が30度ずつで、全部で360度となること。

 

昔の人が占星術を体系づけた頃は、

この12の位置を示すのに、実際の空の星座を使って、

それぞれ順番に名付けをしていきました。

 

実際の星座は大小ばらばらで、その幅もまちまちです。

だけど西洋占星術ではきっかり30度ずつで扱います。

そして、これがとっても大事なことなのです。

 

まとめると、

春分点から始まるきっかり30度ずつ12個の部屋とし、

それを使うのが西洋占星術であり、

黄道12星座がそこにあったのでその名前を付けた

と言う事です。

(たぶんこの辺りで挫折している人はいそうですが、

どんどん先に進みます(笑))

 

昔は牡羊サインと夜空の牡羊座が、

同じ位置にあったことになります。

 

ですが、

2500年近くも立つと春分点がずれ、

実際の星座の位置と

占星術で使うサインの位置が、

今では約30度くらいずれて来てしまっています。

※地球の歳差運動により、春分点・秋分点は黄道に沿って

少しずつ西向きに移動しているのです。(←難しい事言ってます)

 

昔は春分点に牡羊座(←実際の星座のこと)があったけれども、

今は春分点には魚座(←実際の星座のこと)が来ています。

 

つまり、へびつかい座うんぬんの前に、

既に空の星座とは、ずれておりますし、

そんなことは占星術をやっていれば基礎の基礎の話しです。

 

純粋に「空の星座」の話しをするなら、

もし「私は牡羊座生まれです」と言う人が生まれた時、

太陽は魚座辺りにありますし、

「乙女生まれ」であれば、獅子座辺りにある、

と言う事になります。

 

くどく言いますが、

占星術師なら当たり前の事柄である筈ですが、

たまにそれを知らないで占星術をやっている人がいるので、

さすがにびっくりすることもあります。

 

西洋占星術で見て行くのは、

「空にある星座の位置」ではありません。