2017年4月星の風便り

チェックキロンのリーディングのキャンペーン中です!(5月末まで)

キャンペーン:キロンメールリーディング(傷ついた癒し手~心の旅~) ⇒ お申し込みはこちら

 

チェック4月9日&5月4日対面リーディングのお申込み受け付けております。

4月9日&5月4日☆対面リーディング ⇒ お申し込みはこちら

 

チェック星の無料相談を提供しております。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、より具体的な問題などに適しています。

星の無料相談 ⇒ お申し込みはこちら 過去のご相談内容はこちら

 

今月は、水星が逆行し始めます。

水星や金星はサインを変えたり、

逆行したり、順行に戻ったり、

こまごまと動いて行きます。

 

ペースを掴みにくいかもしれません。

臨機応変に対応したり、

その都度工夫をしたりする必要もありそう。

 

●上旬

牡羊にいた天体が散らばって行き、スピード感が緩まってきそうですね。何かを気が急いてしまっていた人は、少しここらでペースを見直すと良いでしょう。

 

●中旬

水星が逆行になります。木星、土星、金星、水星と4つもの惑星が逆行しているので、何となく全体的にスローペースな感じ。15日になると金星が順行に戻ります。愛情のもつれとか痴話喧嘩とか、感情のわだかまりを流せそうな時期。

 

●下旬

火星が双子入りするので、軽快な行動をとって行きたい時です。ただし、この時期、口は災いの元です。人のことを悪く言うもんなら、すぐに飛び火して行きそう。どうせ言うなら、人の良い事をいっぱい言いましょう。

 

 

4月1日 水星が牡牛おうし座入り

直感に従うだけでなく、

一度それを慎重に考えて見るのが良いでしょう。

焦りから不安が生じてしまっている様なことは、

一度落ち着いてじっくり腰を据えて取り組んでください。

 

現実味のない不安も一度振り落としてみましょう。

計画は、リスクマネージメントの要素も取り入れましょう。

人間はいつでも調子の良く行く生き物では無いらしいので、

余裕を持った計画が大切です。

 

4月3日 逆行金星が魚うお座に戻る

古い過去や思い出が蘇りそうです。

 

色褪せてしまった関係があるなら、

昔よく行った場所に再び行ってみたり、

一緒に観た映画や音楽など楽しんだり、

そんなきっかけから

その関係への答えが見つかりそうです。

 

4月10日 水星が逆行開始

水星が逆行する事で、

4つもの惑星が逆行している事になります。

見直す事がいろいろ出てきそうな気配。

 

失敗ややり直しが起きる時は、

やり方がまだ完成していない

時間と量に見合わない進め方をしていた

と言う様な事を確認してみると良いでしょう。

 

4月11日 天秤てんびん座で満月

自分の価値の再発見と言う感じの満月。

2ハウスで木星と近い満月なので、

お金の使い方に目を向けたい時。

 

お金で手に入るものを大事にすること、

大事に出来るものにお金を使うこと、

そんな意識付けをしてみると良いでしょう。

 

4月15日 金星が順行へ

長かった金星逆行がようやく終わります。

金星逆行時期に発生した誤解、痴話喧嘩、仲違いなどは、

誤解が解けたり、仲直り出来たりしそうです。

 

4月20日 太陽が牡牛おうし座入り

物事に安定感を醸し出してきます。

自分の時間をしっかり持つことや、

周囲の声を作業に持ち込まない

集中する時間を作りたいですね。

 

4月21日 逆行水星が牡羊おひつじ座に戻る、火星が双子ふたご座入り

火星が双子に入ると、

好奇心で動く

のが大切になってきそうです。

 

火星と水星はミューチュアルレセプションなので、

おもしろい事や新しい事に取り組んで行くの良いですし、

前からやりたかったけど二の足踏んでいた事に、

着手していけそうな流れです。

 

双子の支配星の水星が逆行中なので、

早とちり、言い過ぎ、うっかりミスなどには気を付けて。

 

悪いと思ったらすぐ謝りたいですが、

あまりに思いも込めずに謝ると、

それは軽々しい行為に見えてしまったり、

 

何かと裏目に出てしまうこともあり、

その辺りは少し気を付けたいですね。。

 

4月26日 牡牛おうし座で新月

創作や製作など、

時間をかけて作り上げる事に着手するのに

相応しい新月です。

クリエイティビティが刺激されますが、

それは少しこれまでの馴染んでいる事とは

若干異質と感じる事に取り組む必要がありそうです。

 

4月28日 金星が牡羊おひつじ座入り

対人関係など、

積極的なアプローチを心掛けていきたい時。

自分の中の強みをアピールしていく事が大切です。

その分野において

それが完璧な完成度に達しているかなんて、

ここでは問題ありません。