2017年5月星の風便り

チェックキロンのリーディングのキャンペーン中です!(5月末まで!)

キャンペーン:キロンメールリーディング(傷ついた癒し手~心の旅~) ⇒ お申し込みはこちら

 

チェック5月4日対面リーディングのお申込み受け付けております。

4月9日&5月4日☆対面リーディング ⇒ お申し込みはこちら

 

チェック星の無料相談を提供しております。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、より具体的な問題などに適しています。

星の無料相談 ⇒ お申し込みはこちら 過去のご相談内容はこちら

 

5月です。GW楽しんでいらっしゃいますか?

 

5月4日、GWのど真ん中ですが、

対面リーディングありますので、

どこにも行く予定がないわ~と言う方、

遊びにいらしてくださいませ。

 

さて、5月はドラゴンヘッドが獅子のサインへ移動します。

ご縁のでき方に変化が生じます。

 

新しい繋がりが出来ると同時に、

ドラゴンヘッドの移動前後の時で、

何も生み出さなくなった関係は切れて行ったり、

別れなければならなくなったりすることもあるでしょう。

 

この時期の別れは、

もう互いに何にも与える事も受け取る事も

出来なくなっていることから生じるもののようです。

「あの頃に戻れたら」と願うとき、

相手の可能性を潰しているかもしれず、

それに気付いた時、縁を断つしかないことに気付く、

そんなこともあるかもしれません。

 

●上旬

水星が順行に戻るので、

勢いが付く事柄が出てきそうです。

牡羊でエネルギーを溜めていたので、

輪ゴムを引っ張ってそれを急に離した、

と言う様な勢いが付いてきそう。

 

●中旬

ドラゴンヘッドがサイン移動します。

これは割と大きい変化です。

ドラゴンヘッドは縁をもたらすようなところがあるので、

その繋がり方に変化が出てきます。

 

●下旬

新月がメインになってきます。

双子サインのテーマが目白押し。

伝える事の大切さを学ぶ様な期間です。

5月4日 水星が順行に

水星がようやく順行にもどります。

 

牡羊と言うせっかちで急ぎたいサインでの足止めは、

焦りになったりイライラしたりする人を

増やしていたかもですね。

でも、そのまま突っ走ると危ないからこそ、

何かを見直させていたことがあります。

 

準備は良いでしょうか?

もう一度スタートラインに着く必要なことがありそうです。

 

5月10日 ドラゴンヘッドが獅子しし座

水星順行と共に、ドラゴンヘッドがサインを変えます。

ドラゴンヘッドは1年半くらい同じサインに留まります。

 

過去、1年半くらいは乙女的なテーマで

縁が結ばれ、チャンスが舞い込みやすかった事が、

今後1年半は獅子的なやり方で作られる様になります。

 

乙女のサインでは、表に出ないことも、

獅子のサインでは、表にどんどん出す事が

大切になってきそうです。

 

誰かの縁の下の力持ちをやっていた人は、

それがもっとクローズアップされてきたり、

主役の座に引っ張り出されたり、

注目されるようになってきたり、

そんな流れからチャンスを得やすくなります。

 

クリエイティブな事、喜びを感じる事、感動する事、

こういうことで人と人の縁が結ばれて行きます。

 

5月11日 蠍さそり座で満月

ここぞと言う時の粘りやひと踏ん張りが、

試される様な満月ですね。

集中力を持続させることを

自分なりに工夫してみたいとき。

 

よく自分の好きなことを始めたり、

自分の人生の目標と思えることを始めたりすると、

天からお試しがやってきて、

その人の本気度とか思いの強さを

はかりにやってくるような時がありますが、

今回の満月は、まさにそんな感じかも。

 

それによって人は襟を正す事が

出来るのかもしれません。

 

5月16日 水星が牡牛おうし座入り

牡羊を運行中の水星は直感的思考と言うか、

思い付きで飛びつく、理屈抜きの咄嗟の判断力で

突き動かされていましたが、

水星が牡牛に行くと、

ちょっと立ち止まってじっくり考えてみよう~

と言うモードになります。

 

答えを早く出そうとしないでください。

 

5月21日 太陽が双子ふたご座入り

太陽、火星と双子にあるので、

言葉でのやり取りがとても重要になってきます。

言葉に出して伝えることは、

とてもパワフルなことなのです。

 

5月26日 双子ふたご座で新月

私は何を伝えたいのか、

と言うことがテーマな新月。

 

誰かが何を言いたいのかとか、

あの人が伝えたかったことはなんだろうとか、

そういうのはまずは置いておいて、

主語を「私」にしましょう。

 

そこからしか対話が生まれない、

そこから生まれる対話こそが命を持ち始めます。