キャンペーン:2018年後半・日食月食リーディング

7月8月にかけて、

日食、月食、日食と3回もの食が起きます。

いろいろな意味で熱い夏になりそう。

 

最初の、蟹サインで起きる日食(7月13日)は、

来年以降のテーマが少し絡んでくるかと思います。

冥王星がストレートにぶつかってきていて、

この影響を受ける人は来年以降まで続く衝撃を受け取りそう。

 

水瓶サインで起きる月食(7月28日)は、

火星が関わってきます。

冥王星が強い心の衝撃だとすると、

火星はもっと具体的なことへの情熱を掻き立て、

身近にその対象を見せてくれそうです。

 

最後に獅子サインでの日食(8月11日)

ドラゴンヘッドは秋には蟹のサインへ移動してしまいますから、

獅子的なことに対する何らかにおける最後のチャンスが

到来しようとしています。

 

獅子サインは堂々とした王者の火のサイン。

自信を持つこと、自己を表現すること、楽しむこと、

恋愛にも関わるサインですねラブラブ

 

そんな3段階でやってくる食。

皆様のチャートではどんな意味を持ってくるのか、

今後半年のテーマは何か、

などリーディングします。

 

●キャンペーン:2018年後半・日食月食リーディング

料金: 4500円

 

申込期間: 8月末まで

 

内容:今回の月食日食があなたのバースデーチャートのどこで起きるかを読み解きメッセージをお伝えいたします。

○蟹日食が伝える来年以降のテーマ

○獅子月食が伝える感情の解放と個人的な課題

○水瓶日食が伝える意識の芽生えと社会的な課題

 

キャンペーンに申し込む

 

 

日食は半年くらいのテーマや課題が持ち上がる時。

 

食は、太陽と月が消えてしまう不思議で特異な現象。

古代の人々はそれを恐れ、不吉な予兆としました。

 

現代の占星術に組み込まれた月食・日食は、

人々の集合意識へ深くコンタクトするきっかけを作ります。

その為、感情は深い所から呼び起こされるので、

強い感情反応が起き、心身共に不安定になる人も多い様です。

 

食は、普段目にすることが出来る太陽や月が隠され、

再び光を取り戻すことから、

光である意識や生が一度終焉を迎え、

闇である無意識や集合意識に飲みこまれた後、

再生し新しい意識の芽生えが起きたりします。

 

そこで新しい意識を伴う課題が生まれる時になります。

 

この世とあの世を繋げるゲートが開き、

魂がそこを通過すると言う考え方もあるようです。

 

キャンペーンに申し込む