今週の星模様☆(2018年10月28日~11月3日)関係のバランスを取る

先週、シリアで拘束されていた安田純平さんが

解放されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684911000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002

 

彼の行動については賛否両論いろいろありますが、

ここではそこに言及するのは止めて、

ただ単純にチャートから

拘束と解放について見てみようかと思います。

 

拘束と言うと土星が関わっていて、

解放と言うと木星が関わっていそうですね。

でも、3年と言うスパンは土星でなく、

また、土星だけではここまで危険にさらされることはありません。

 

まず、把握のために安田純平さんのチャートを見ると、

なんと風のグランドトラインが2つもあります。

 

一つ目は、金星-火星-冥王星の三角形。

海王星も加わりはっきりした形のカイトを形成。

もう一つは、水星-土星-天王星の三角形。

 

風優勢のチャートで、欠けている要素は地のエレメント。

火星は海王星とオポジションなので、

確かにちょっと危うさが見られ、

慎重さに欠けやすいチャートではあります。

反面、人々の理想の為に行動し、

人々の心に影響を与えて行くでしょう。

 

彼の行動(火星)は

トランスサタニアンの冥王星や海王星まで巡ってしまうので、

多くの人々に影響を及ぼすことは間違いなさそうな配置です。

 

魚の太陽は土星とスクエア。

地のエレメントが無いので、

この土星がうまく機能して欲しいのですが、

魚太陽とのスクエアでは少し緩みがちな土星とも言えます。

 

さて、拘束された2015年6月は

トランシットの火星(凶星)が、

出生のドラゴンテイル&土星(共に凶星)を刺激しており、

さらにトランシットの天王星は出生のキロンを刺激。

トランシット海王星が出生の海王星-火星にTスクエア。

 

混乱しやすい要注意な時期と言えるでしょう。

このチャートの火星を使いこなすのは大変です。

テイルが絡んで来ているのと、

傷を示すキロンへの天王星のアクセスや

混沌をもたらす海王星によるダブルの刺激により、

犠牲、捉われ、喪失、騙されるなどを伴いやすいと言えます。

 

反対に、

解放された時期、トランシット木星が出生太陽へトライン。

これは木星による大きなサポートを受けていたようです。

ちなみにトランシット太陽も出生木星へトライン。

 

木星と太陽が効いて表に出された様な配置です。

 

写真は話題とまったく関係ない散歩中に出会う猫ちゃん。

 

 

今週の星模様☆

10月31日、水星が射手入り

11月1日、金星が天秤入り

 

水星が蠍から射手に入るので、

考えすぎていた部分がもっと気楽さを取り戻せそうです。

 

とは言え、水星自体の働きとしては、

細かいところを見落としがちになるので、

うっかりミスなども出てきそう。

いつもより大胆な考えも思い浮かびそうです。

 

金星は逆行しながら天秤サインに戻ります。

ホームに入り輝きを取り戻す金星。

ヴィーナスはお化粧し忘れて外出してしまったので、

もう一度家に戻る、みたいな(笑)。

 

何か自分の魅力について再確認することがありそうです。

 

また、久しぶりの楽しい交流なんてのもありそうですね。

 

人間関係での仲直り、修復、寄りを戻す、

なども出てきそうですね。

 

 

それでは今週も素敵な惑星生活をお過ごしください☆