2018年11月8日蠍新月のお願い

チェックキャンペーン メールリーディング

木星&ドラゴンヘッドメールリーディング ⇒ お申込みはこちら

 

チェック木星in射手ワークショップ

11月10日(土)木星in射手ワークショップ ⇒ お申込みはこちら

 

チェック11月対面リーディングのお申込み受け付けております。

11月 ⇒ 1, 8, 10, 15, 17, 23, 29

スケジュールはこちらでもご確認いただけます。

10月☆対面リーディング ⇒ お申し込みはこちら

※都内もいろいろ足を運びます。お声掛けいただいた方の所へと場所変更も可能です。

 

チェック星の無料相談を提供しております。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、具体的な問題などはこちらで占う方が良いとさえ言われます。

星の無料相談 ⇒ お申し込みはこちら 過去のご相談内容はこちら

 

2018年11月8日 午前1時2分 蠍新月です。

 

木星が射手のサインへ移動する直前での

蠍サインでの新月。

 

蠍が地底奥深くを管轄するサインだとすると、

射手サインは高く高く上昇したところが管轄領域。

 

地下深くに眠っていたものを呼び起こし、

それらも空高く上昇させるような力を

秘めているような力を持つ新月。

 

何かが大きく飛躍しそうな感じですね。

 

でも、空を見つめる為には、

心の奥深くにあるものを見る必要がありそうです。

 

心の中に眠っている力を認識するのは、

結構難しい事。

 

高い理想を掲げて願っているその心の奥にあるのは、

本当は支配欲、嫉妬や妬み、権威への反発、

責任回避だったりします。

 

自分の中にある自分では隠したい思いを見たとき、

その自分の中にあるドロドロした感情が

理想とはまったく正反対であることを知るでしょう。

 

それを自覚してしまうことは、

一旦自分について落ち込みをもたらすかもしれません。

 

でも、この落ち込みは

人について深い理解を獲得する機会になります。

 

誰かが理想を語る時、

どこかうわっついているなと思ったり、

ふわふわしすぎていて現実味が欠けているなと感じたり、

どこか口先だけで述べているだけに見えたり、

そんな風に思ってしまうことはありませんか?

(逆にあらゆる現実をリストアップして

理想を言えないのも抑圧的な問題ですが)

 

蠍のサインの領域で培う深い理解や体験が無いまま、

理想を語ってしまう時、

その理想は理想的な言葉だけが空回りしてしまいます。

 

そして、その理想は山羊のサインへ行く時に、

土星と言う現実によって押しつぶされてしまうでしょう。

 

木星が射手入りする直前に起きる、

この蠍サインの強調は物事の真髄を見極める必要性を

教えてくれている様です。

 

自分の隠しておきたい願望の根源を見つめることにより

その分飛躍は大きくなるのでしょう。

 

新月お願いのポイント

☆理想を追求する強い心がほしい。

☆集中力を養いたい。

☆手放すことが上手になりたい。

☆物事の表面的な部分だけでなくその奥深くを理解できるようになりたい。

☆時期を見極める力とそれを待つ忍耐力を養う。

 

 

 

星上記のポイントはあくまで参考例ですので、まずはご自身の内側にある願いを素直にキャッチしてみてください。
星上記の文章を丸ごと書かないで、自分の言葉に直してくださいね。

星新月のお願いは、自分に対するお願いで、相手を変えたりするお願いは出来ませんので、注意してください。
星新月のお願いは10個まです。
星新月のお願いは、時間が過ぎてから8時間以内がベストです。
星願い事が叶わない場合、叶わない方がどこか自分のためになっているという自分でもなかなか意識できない隠れたメリットがあるのでしょう。それは新しい道へ進むための自分を見つめるための鍵がそこにあると思ってください。そういうお願いは気長に、地道に取り組みましょう。
星それでもどうしても叶わないという方、対面リーディングやメールリーディングなどでご自身のことを見つめてみませんか?