今週の星模様☆(2018年12月9日~15日)心の旅

チェックキャンペーン:2019年の星模様をメールでお送りするメールリーディングのお申し込み受け付けを始めました星

2019年星模様メールリーディング ⇒ お申し込みはこちら 

 

チェック12月対面リーディングのお申込み受け付けております。

12月 ⇒ 10, 12, 14, 15, 17, 19, 21, 22, 24, 25, 26, 28, 29, 30, 31

スケジュールはこちらでもご確認いただけます。

12月☆対面リーディング ⇒ お申し込みはこちら

※都内もいろいろ足を運びます。お声掛けいただいた方の所へと場所変更も可能です。

 

チェック星の無料相談を提供しております。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、具体的な問題などはこちらで占う方が良いとさえ言われます。

星の無料相談 ⇒ お申し込みはこちら 過去のご相談内容はこちら

 

今月に入ってあっという間に日にちが立ちます。

あれ?今週の星模様ってさっき書いた気がするのに、

もう一週間経っているはやさですわ。

 

カルロス・ゴーン氏が11月に逮捕、12月に再逮捕と、

大きなニュースが話題になっています。

 

カルロス・ゴーン氏は魚座の太陽を持っていて、

そこに木星と火星のスクエアがあり、

太陽-木星-火星のTスクエアを持っています。

 

彼の行動は大きな影響を周囲に与えていく様な配置。

 

出生の太陽にトランシットの海王星が来ていて、

逮捕の理由が虚偽記載とはいかにも海王星らしいです。

 

そして、それを知らされる私達も、

虚偽記載と言うことだけど、

脱税が発覚とはニュースには無いし、

なんとなく腑に落ちない感じ、

落としどころが良くわからない感じなども、

海王星っぽさを感じますね~。

 

何が良くて何が悪いのか良くわからない。

 

太陽に海王星がやってくる時、

人によっては自我の消滅が起きたりします。

自我の崩壊と言うより消滅と言う言葉が正しい気がします。

 

今まで信じていたものが、

ある日突然さらっと消えてなくなる喪失感、

何をよりどころにして良いのかわからない感じ。

そうやって海王星は現実感覚を失わせます。

 

そういう時、人はとても弱くなります。

それまでちやほやしていた人はいなくなります。

でも、人から受ける小さな思いやりや優しさに

初めて知る深い愛を感じます。

1人ではないことを思い知らされるわけです。

 

そして、新しい夢を描き直すのです。

この件がどう発展していくのかはわかりませんが、

カルロス・ゴーン氏にとって、

海王星は後1、2年は付き合わなくてはならない様です。

 

恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリアの前で、

ゴスペルを堪能してきました音譜

いつか私もここで歌いたいなあぁ

 

 

今週の星模様☆

13日、水星が射手サインへ

 

水星が射手のサインに入り、

あまり細かいことを気にしない雰囲気が強まりそう。

 

いろんなこと詮索してもわからないものはわからない。

周囲のことを詮索してあれこれと考えを巡らすより、

自分の憧れや行きたい方向へと、

あれこれと楽しい想像をしちゃいましょう。

 

身近な人を変えようとして頑張ったり、

深く介入しすぎてしまったりしているなら、

そこから飛び出す勇気も必要かもしれません。

 

もちろん物理的に無理なことはありますね。

急に会社は辞められないし、

家族や親戚や近所など急に避けられない人間関係など。

 

でも、そのことにいつも心を傾けてしまっているなら、

時間を無駄に使ってしまっているかもしれません。

四六時中そのことを考えてしまうのは、

切り替えがうまくいっていません。

 

精神を遠くに飛ばして、

心の旅を自分に仕向けましょう。

 

憧れの海外、自由の冒険物語、未知の体験、

これから何かが始まりそうなわくわくするところ。

そういうものが導いてくれるものがありそうです。

 

 

それでは今週も素敵な惑星生活をお過ごしください☆