今月の星占い(2019年2月)

チェック惑星バランスのワークショップ開催します。

3月3日(日)惑星バランスのワークショップ/対面鑑定 ⇒ お申し込みはこちら 

 

チェックキャンペーン:2019年の星模様(お申込み締切2月末!!)

2019年星模様メールリーディング ⇒ お申し込みはこちら 

※かなりボリューミーで、結構お得だと思います♪

 

チェック2月対面リーディングのお申込み受け付けております。

スケジュールはこちらでもご確認いただけます。

2月☆対面リーディング ⇒ お申し込みはこちら

※都内もいろいろ足を運びます。お声掛けいただいた方の所へと場所変更も可能です。

 

チェック星の無料相談を提供しております。質問するタイミングの星模様で鑑定する占いです。関係者が複数関わる問題、期間限定の問題、具体的な問題などはこちらで占う方が良いとさえ言われます。

星の無料相談 ⇒ お申し込みはこちら 過去のご相談内容はこちら

 

星星星今月の星占い星星星

注意)参考としてお使いください。心当たりがある、ピンと来た、心にしみた、そんな時は何か琴線に触れたのかもしれません。でも、占いの内容に無理して自分を合わせる様なことはしないでくださいね。

 

2月の初めがなかなか時間を取れずで、

いまさらとなっていますが、2月の星占いキラキラ

 

主に2月の後半に焦点を当てます。

 

 

星牡羊サイン

前半まで忙しかった人も、後半はゆっくりと歩調を緩めて行けそうです。自分が全部やらなくちゃ!と言うモードから、自分の役割や責任を果たすべき箇所をはっきり見極められる様になり、集中してそこに没頭できそうです。

 

星牡牛サイン

将来に向けて何かを学びたい人は、楽しく始められる様なところから入っていくと良いでしょう。月の後半、火星が牡牛サインに入ってくるので、普段ゆっくりマイペースの牡牛さんも行動を起こす必要性を感じそうです。

 

星双子サイン

仕事にスポットが当たります。多くの人々と関わっていくことで、ビジネスに広がりを持てそうです。仕事の話も舞い込んで来そうです、内容はよく見極める必要があります。芸術センスや感性を生かしたクリエイティブな活動を世に出すチャンスがありそうです。

 

星蟹サイン

人生の意味を深く見出したくなりそうです。その為に今いる環境でないところへ行ってみるのも良いかもしれません。理想を実現する為に何を実行したらよいかを考えましょう。独りよがりでなく周囲の人との関係を大事にしていきましょう。

 

星獅子サイン

神秘の世界を漂いそうな気配。社会的には派手ではなく、人目に付きにくいので、それで良いのかと思うところもあるかもしれませんが、内面的な広がりを大切にしていく時でしょう。

 

星乙女サイン

たくさんの人と対話をしながら関わって行き、流動的に動きながら、自分を創り上げて行く様な時です。そういう揺れの大きな時でも、理想とする何かはしっかりと芯があり、ぶれずにあるからこそ、前に進める、そんなことを感じる時の様です。

 

星天秤サイン

たくさんのことを同時並行で動かす様なバタバタ感が和らいできて、じっくりと物事に集中して取り組めそうです。家族や仲間と過ごす時間が大切で、それはしっかり太い安定した軸となってくれるでしょう。

 

星蠍サイン

あまり自分のことをべらべらとしゃべる方では無い蠍生まれの方も、この時期は誰かに自分のことを聞いてもらいたいと思いそうです。そして、聞いてもらえる楽しさと、そういう甘えを自分に許すことが出来た喜びに浸れるようです。社交も忙しくなりそうです。

 

星射手サイン

プライベートな世界を構築する時の様です。外から脚光を浴びようとしたり、評価を求めたりするのでなく、まずは自分のいる場所を見渡し、そこを改良したり、見直してみたりして行きましょう。大切なモノは外の世界でなく、自分の身の周りにありそうです。

 

星山羊サイン

魅力がアップしていく時です。仕事の会話や事務的な会話以外のことを話してみましょう。まとまりが無くても、あなたが持っているイメージを誰かに伝えることで、それは誰かの心を大きく動かしていきますし、結果的に自分の考えがうまく絵の中に納まってくるでしょう。

 

星水瓶サイン

家族や家庭のトラブルや問題が噴出しそうな気配。コミュニケーションを大切にしてください。あなたが親の立場であるなら言いたいことを言える場を整えてください。あなたの価値観で誰かの価値観を潰してしまわぬよう。あなたが子供の立場なら、何かを伝えなくてはいけないのかもしれません。

 

星魚サイン

水星が魚のサインに入っていますので、頭をフル回転させる必要がありそうです。そして、自分の意志を明確に言葉で表現してみてください。特に愛や思いやりの言葉を投げかけていくこと、それは何れ自分にもかえってくるでしょう。