今週の星模様☆(2021年8月15日~21日)美的感覚を養う

メンタリストDaigoさんの差別発言が、

大きな批判を呼んでいますね。

 

自身のCMも放送自粛となってしまい、

多方面への影響も大きいようです。

 

 

水瓶大会合によって、

これから大きく社会が変わり、

その意識も変動することはどこかで書いたかもしれませんが、

水瓶サインと言えば、ヒューマンサインであり、

人権、平等主義、人々の平和、支援などは、

水瓶サインの重たる象徴。

 

差別の無い社会、人権が尊重される、基本的な生きる権利、

環境的な要因から生まれる格差を少なくした上で、

そこに立つ人々がそれぞれに個性を生かし発揮できる社会、

というのがこれから200年かけて作られていきます。

 

今回のDaigoさんの発言は、

そんな時代の大きなうねりとは逆行するような発言。

 

心理学的には、

自分が優れていて、劣っている他者が悪いというような発言は、

相手を貶めなければならないくらい、

内面的に脆弱なアイデンティティ、

権威的なものにすがり寄りそう面は、

父権や権威への怖れや問題、

と言うようテーマが浮き彫りにされています。

 

社会的に厳しく批判されてしまうような

発言や振る舞いをしてしまうという時は、

実はちょっと前の人生が最も成功した時、

その種が植え付けられます。

 

また、惑星の発達年齢域が切り替わるころに、

その意識をうまく切り替えていないまま、

年齢だけ大人になっているとかも、

社会の中で営みを続けそれが増長した時、

あるタイミングでトラブルを引き起こします。

 

Daigoさんのチャートを見ると、

金星、冥王星、水星、太陽が蠍の人。

水星と金星に冥王星がコンジャンクションしていることから、

駆け引き上手で、人の裏を読み取るのが得意ですが、

心理を操りすぎるてしまうと、

それが一気に自分自身にも刃を向けることになりかねません。

 

自分が何が得意なのかをきちんと把握しておくのは、

それを使い過ぎない、不適切な場所では刀をしまう、

と言う意味で大切ですね。

 

蠍の天体達は、土星から次々とスクエアを受けていて、

自分の得意分野をいつもの通り使えないという試練があり、

今はその使うべき場所をしっかりと叩きこみ、

責任が生じることを理解することを学んでいる最中です。

 

そんな中、

射手を運行中のドラゴンテイルが出生土星を刺激。

ドラゴンテイルは浄化のポイントでもあるので、

Daigoさんの間違った責任感や思想を

一気に噴射させ浄化させています。

ドラゴンテイルは社会との接点でもあるので、

社会的に影響を与え与えられることにもなるでしょう。

 

そして、運行の木星は出生太陽とスクエアを形成しています。

社会的に大きく発展、脚光を浴びる様な時ですが・・・。

 

もし、Daigoさんが、

人とは何か、人の本質とは何か、

人が生きている真の意味にもっと迫り(射手土星)、

自分の中にある差別感情を克服(土星)し、

正反対の発言をしていたとしていたら、

別の成功があったのでしょう。

 

 

今週の星模様☆

16日、金星が天秤入り

20日、天王星逆光へ

 

金星がホームの一つである天秤入りします。

水瓶の土星、木星ともトラインを形成することになり、

社交が活発になってきそうです。

 

美的感覚、平等、平和意識なども高まってきそう。

美術鑑賞や音楽鑑賞などで、

自身の美の感覚のアンテナを高めたいところ。

 

コロナ禍の中、美術館、博物館、コンサートなど、

中止になることも多いのですが、

そんな中人々の中にある芸術への衝動が喚起されそうです。

 

 

それでは今週も素敵な惑星生活を☆